Datadog を使用して Google Cloud Run を監視 | Datadog
毎週水曜日15時開催!Datadog 入門 LiveデモWebセミナー 毎週水曜日15時開催!Datadog 入門 LiveデモWebセミナー

Datadog を使用して Google Cloud Run を監視

Author Daniel Langer

Last updated: November 14, 2019

Google Cloud Run は、基盤となるインフラストラクチャの管理をせずにステートレス コンテナを実行できる、新しいコンピューティングプラットフォームです。フルマネージドバージョンの Cloud Run を使用するか、Cloud Run for Anthos で既存のクラスターを管理するかを選択できます。Cloud Run for Anthos は、コンテナ化されたワークロードを Google Kubernetes Engine (GKE)、マルチクラウド、オンプレミス、そしてハイブリッドインフラストラクチャで一貫して実行するための Google プラットフォームです。

Cloud Run では、コンテナイメージを指定するのと同じくらいデプロイが容易です。また、環境変数、メモリ制限、同時実行、またはコンテナインスタンスに送信できるリクエストの最大数の設定もいつでも可能です。

Datadog は、この Cloud Run および Cloud Run for Anthos のローンチパートナーとなっており、サービスはすでに一般のご利用が可能です。サーバーレスコンテナのワークロードを採用しているお客様は、その可視性をぜひお確かめください。この記事では、Datadog で Cloud Run のすべての要素を監視する方法を紹介します。

あらゆるクラウドで Cloud Run

Google Cloud Run は、サーバーレスコンピューティングを実現する、Kubernetes ベースのオープン API およびランタイム環境である Knative を使用しています。また、Cloud Run for Anthos は Kubernetes を基に実行されているため、Datadog の Google CloudKubernetes のインテグレーションを使用して Cloud Run サービスを監視することが可能です(注:Datadog Agent DaemonSet をデプロイする場合は、ポッド仕様内で hostNetwork: true が設定されていることを確認してください)。

Cloud Run と Datadog を統合すると、コンテナのワークロードのパフォーマンス (レイテンシーやリクエスト数、コードにより使用されている CPU リソースやメモリリソースなど) を反映したデータが自動的に表示されます。クラスター全体からメトリクス、トレース、ログを収集できます。また、アプリケーションのスケールアップやスケールダウンを行うと、環境内のすべてのコンテナーに関するリアルタイム情報が [Live Container] ビューに表示されます。Google Cloud および Kubernetes から自動的に取り込まれるタグを使用して、Cloud Run コンテナを検索およびフィルタリングできます。たとえば、cloudrun_service タグを使用して特定のサービスをホストするコンテナをフィルタリングしたり、cloudrun_revision タグを使用してそのサービスの特定のリビジョンを表示したりできます。

個々のコンテナを検査して、高解像度の CPU やメモリのメトリクス、リアルタイムのコンテナログ、コンテナ内で実行されているプロセスツリー全体を確認することが可能です。

データセンターやクラウド内で

Anthos は、GKE クラスターの管理にとどまらず、VMware にデプロイすれば Google Cloud Console を使用してオンプレミスのクラスターを管理できるため、Cloud Run が管理するポッドをお客様のデータセンター内にデプロイできます。Cloud Run とのインテグレーションにより、アプリケーションが生成するメトリクスとログを自動的に収集できます。また、Datadog の [vSphere とインテグレーション] (https://docs.datadoghq.com/integrations/vsphere/) すると、インフラストラクチャのリソース使用率を監視できるため、CPU、ディスク、メモリ、およびネットワークをグラフ化したりアラートを作成したりできます。さらに、チームの Slack チャンネルおよび Pagerduty サービスで vCenter Server イベントを自動的に公開することも可能です。

オンプレミスとクラウドのインフラストラクチャを 1 つのプラットフォームでシームレスに監視できます。Cloud Run for Anthos はハイブリッドインフラストラクチャをサポートしているため、クラウドベースのクラスター並びにデータセンター内のインフラストラクチャを Datadog で可視化できます。たとえば、データがローカルで、ワークロードが GKE クラスターにある場合、Datadog のすべてのインフラストラクチャのパフォーマンスを表示しアラートを作成できます。

ノードがなくても問題なし

Cloud Run フルマネージドバージョンを使用すると、アプリケーションの負荷を処理するために必要なインフラストラクチャが Google Cloud で管理され、自動的にスケーリングされます。サービスを供給するサーバーは公開されないため、Datadog のインテグレーションでは Datadog Agent からではなく Google Cloud モニタリング API との新しいインテグレーションを使用してメトリクスとログが収集されます。いずれの Cloud Run を選択しても、Datadog でコンテナのワークロードを包括的に可視化できます。

Google Cloud インテグレーションをインストールすると、Cloud Run リビジョンのメトリクス (特定のサービスのデプロイ) が Datadog のネームスペース gcp.run.* で利用可能になります。「リージョン」「構成名」「リビジョン名」「サービス名」など自動生成されたタグを使用して、Cloud Run のメトリクスをグループ化、フィルタリング、クエリし、Google Cloud 環境の残りのデータとともに視覚化することができます。

監査ログ

Cloud Run では、詳しい監査ログ も公開されるため、サービス、リビジョン、および設定に関連するアクティビティのタブを閉じておくことができます。Stackdriver Log インテグレーションを使用してこれらのログを Datadog に送信し、Google Cloud の他のサービスからのログとともに監視、分析できます。

Cloud Run のログ用に事前に構築されている Datadog のパイプラインはログから重要な属性を自動的に解析するため、最も重要なデータを検索、フィルタリング、グループ化することができます。

今すぐ始めよう

Google Cloud Run 上で新しいワークロードを構築する場合も、既存の Kubernetes ワークロードを Anthos GKE クラスターの Cloud Run に移行する場合も、Cloud Run インテグレーションをセットアップすれば数分でコンテナとサービスのモニタリングを開始できます。Cloud Run および Cloud Run for Anthos の使用を開始する方法については、関連ドキュメント をご覧ください。

インフラストラクチャおよびアプリケーションの監視にまだ Datadog を使用していない場合は、今すぐをお試しください。