料金 | Datadog
icons/icon-chat-widget
Chat

料金

あらゆる規模の最新のインフラストラクチャーとアプリケーションを、柔軟かつ明快な価格設定でご利用いただけます。

ボリュームディスカウントあり

Event Management

Transform alert fatigue into actionable insights and accelerate remediation with automated event correlation

最小価格

$ 0.125
Per event evaluated by a correlation pattern
(Datadog generated events are free)

  • Aggregate, and intelligently correlate alerts from Datadog and third-party tools to reduce alert fatigue, and reduce time discovery and resolution

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $0.175)

機能

  • Reduce alert fatigue and ticket volume with correlation and deduplication

  • Aggregate alerts and change events from anywhere into a case or 3rd party ITSM tool

  • Jump-start your triaging in the same view with more observability context from related metrics and logs data

よくあるご質問


How is “evaluated by a correlation pattern” defined?
Once a correlation pattern is created, events will start matching based on the criteria defined. Note: it is not based on ingestion.
What are Datadog generated events?
Examples of events generated from Datadog include those from, Monitor Alerts, Error Tracking, Incidents, etc. Only 3rd party events ingested from either custom solutions or other tools will be charged for.
Do I need to purchase other Datadog products to use Event Management?
No, you can use Event Management without purchasing any other Datadog products. You have the option to ingest events from 3rd parties either via integration, email and API. Having all your monitoring and security alerts and insights in one place is something we encourage for comprehensive visibility.
I am an existing customer. Can I add Event Management to my plan?
Yes, you can add Event Management to your existing plan. Reach out to your Customer Success Manager for further details

Cloud Security Management

インフラの脅威と知見を一元的に把握

Pro


最小価格

$ 12.50
ホストごと、
月額*

クラウドリソース全体の設定ミスを継続的にスキャン

  • リソースをコンプライアンスフレームワークにマッピングし、監査に役立てる。

  • クラウドリソース全体の継続的な構成モニタリング (CSPM)

  • リソースのインベントリにより、クラウドリソースと最もリスクの高い場所を視覚的にマッピング

  • コンテナイメージの脆弱性管理

  • ワークフローによる修復の自動化

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $12 )

Enterprise


最小価格

$ 31.25
ホストごと、
月額*

CSM Pro のすべてに加えて、以下が含まれます。

  • ホストの脆弱性管理

  • インフラストラクチャ権限管理 (CIEM)

  • クラウドワークロードセキュリティ (CWS)

  • ケース管理

  • コンテナ割り当ての増加(ホストライセンス**ごとに20コンテナを割り当て )

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $30)
**追加のコンテナは コンテナごとに$0.002 / 時間

Cloud Workload Security


最小価格

$ 18.75
ホストごと、
月額*

ホストとコンテナ全体にわたるリアルタイムの脅威検出 (スタンドアロン)

  • ファイルやプロセスのアクティビティを深く監視

  • カーネル内の eBPF を活用したパフォーマンスの高い分析

  • ネットワーク異常検知

  • ホストライセンス**ごとに 4 コンテナを 割り当て

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $18 )
**追加のコンテナは コンテナごとに $0.002 / 時間

機能


Pro

Enterprise

CWS

機能


クラウドリソース全体の継続的な構成モニタリング (CSPM)

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

リソースインベントリ

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

脆弱性管理

コンテナイメージ

ホストとコンテナイメージ

ケース管理

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

ワークフローの割り当て

ホストあたり 5 回のワークフロー実行/月

ホストあたり 20 回のワークフロー実行/月

コンテナ割り当て

20 / ホスト

4 / ホスト

ファイル整合性モニタリング

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

リアルタイムの脅威検知

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

異常なワークロードプロファイルの検出

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

インフラストラクチャ権限管理(CIEM)

Icon/check Created with Sketch.

エージェントベースのリソースにわたる継続的な構成監視(CSPM)

Icon/check Created with Sketch.

他の製品と組み合わせた場合


ワークロードレベルの脅威と設定ミス、脆弱性を関連付け、関連するリスクを特定するための1つのインターフェース。

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

調査中に関連するメトリクス、トレース、ログにシームレスにピボット可能

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

Icon/check Created with Sketch.

サポートプラン


Datadog は基本的なプランから特別注文のサービスまで、あらゆる組織に適したサポートレベルを提供します。

サポートプランの詳細についてはこちら

よくあるご質問

これは誰のためのものですか?
CSM Pro は、複数のチームが既存のクラウド インフラストラクチャを発見し、注意が必要な問題を特定し、クラウド セキュリティ体制管理によるコンプライアンスの準備状況を評価することをサポートするとともに、それらのギャップに効果的に対処する方法に関するガイダンスを提供するように構築されています。
一部のホスト用に CSM Pro を購入し、残りのホスト用に CSM Enterprise を購入することはできますか?
いいえ、組織として CSM Pro または CSM Enterprise のいずれかを購入できますが、両方を購入することはできません。
CSM ProまたはEnterpriseを実行するには、どのような請求プランが必要ですか?
請求対象の CSM Pro または CSM Enterprise ホストには、Pro または Enterprise インフラストラクチャ・モニタリングの購入が必要です。
請求対象のホストは何をカウントしますか?
ホストは、Datadogで監視する物理的または仮想的なOSインスタンスのことです。サーバー、VM、ノード(Kubernetesの場合)、App Service Planインスタンス(Azure App Servicesの場合)などがあります。
どのような機能が含まれていますか?
クラウドリソース全体の継続的な構成モニタリング、コンテナイメージの脆弱性管理、クラウドリソースの完全なインベントリ、ケース管理、1ホストあたり5つのワークフロー実行が含まれます。
セットアップには何が必要ですか?
開始するには、軽量の Datadog エージェントをインストールする必要があります。これは、インフラストラクチャ監視製品ですでに活用されているものと同じです。
これは誰のためのものですか?
CSM Enterprise は、クラウド・インフラ全体の設定ミス、脅威、脆弱性、アイデンティティ・リスクを迅速にマッピング、特定、優先順位付けする、セキュリティ志向のチームに特化した高度なソリューションです。
一部のホスト用に CSM Pro を購入し、残りのホスト用に CSM Enterprise を購入することはできますか?
いいえ、組織として CSM Pro または CSM Enterprise のいずれかを購入できますが、両方を購入することはできません。
CSM ProまたはEnterpriseを実行するには、どのような請求プランが必要ですか?
請求可能な CSM Pro または CSM Enterprise ホストには、Pro または Enterprise インフラストラクチャ モニタリングの購入が必要です。
どのような機能が含まれていますか?
クラウドとエージェントベースのリソースにわたる継続的な構成モニタリング、コンテナイメージとホストの脆弱性管理、リアルタイムの脅威検出、クラウドインフラストラクチャのエンタイトルメント管理、異常なワークロードプロファイルの検出、クラウドリソースの完全なインベントリ、ケース管理、ホストごとに20のワークフロー実行、ホストライセンスごとに20のコンテナが含まれます。
すべてのCSM Enterpriseホストでインフラストラクチャ モニタリング ProまたはEnterpriseが必要です。
はい。たとえば、CSM Enterprise ホストを 10 台サブスクライブする場合、それらのホストは インフラストラクチャ Pro または Enterprise ホストも 10 台サブスクライブする必要があります。これは、コミットしているホストとコミットしていないホストの両方に適用されます。
セットアップには何が必要ですか?
開始するには、軽量の Datadog エージェントをインストールする必要があります。これは、インフラストラクチャ監視製品ですでに活用されているものと同じです。
請求書にCWSとCSM Proが記載されているのはなぜですか?
オンデマンドで CSM Enterprise を使用している場合、請求書には一時的に CSM Pro と Cloud Workload Security の項目が表示されます。これらの項目は年末までに移行され、CSM Enterpriseのみの項目に変更されます。
請求対象のホストは何をカウントしますか?
ホストは、Datadogで監視する物理的または仮想的なOSインスタンスをカウントします。サーバー、VM、ノード(Kubernetesの場合)、App Service Planインスタンス(Azure App Servicesの場合)などがあります。
Cloud Workload Security (CWS) を実行するには、どのような請求プランが必要ですか?
CWS は、インフラストラクチャ・モニタリングに加えて購入することができ、CSM Enterprise を購入した場合は既に含まれています。
請求対象のホストは何をカウントしますか?
ホストは、Datadogで監視する物理的または仮想的なOSインスタンスをカウントします。サーバー、VM、ノード(Kubernetesの場合)、App Service Planインスタンス(Azure App Servicesの場合)などがあります。
コンテナや Kubernetes のワークロードを監視するにはどうすればよいですか?
コンテナ環境では、Datadog Agent は、ホスト上の他のコンテナとともにコンテナ内で実行されます。そこから、実行中のすべてのコンテナおよびホスト自体のシステムアクティビティを監視します。プランによっては、各ホストライセンスに対して 4 つのコンテナを無料で監視することができます。追加のコンテナは、1 コンテナ、1 時間あたり $0.002 で請求されます。 さらに、プリペイドコンテナを 1 コンテナあたり月額$1 で購入することができます。
AWS Fargateはサポートされていますか?
現時点では、Fargate は CWS でサポートされていません。CWS は eBPF プログラムをロードするために Linux カーネルにアクセスする必要があり、現在 Fargate の環境ではサポートされていません。

CI Visibility

CI パイプラインとテストの健全性とパフォーマンスを監視

Pipeline Visibility


最小価格

$ 10
コミッターあたり、
月あたり*

パイプライン、ビルド、ジョブに関する深い洞察

  • 複数の CI プロバイダーからのデータを一つの場所で閲覧

  • パイプライン、ステージ、ジョブを横断するパフォーマンスの視覚化

  • 繰り返し発生するエラーやそれらを引き起こしたコミットを明らかにする

  • パイプラインの健全性とパフォーマンスを診断する

  • CI/CD を最適化するためのデータドリブンな意思決定を行う

  • GitLab、GitHub Actions、Jenkins、CircleCI、Azure DevOps などとのインテグレーションからの集計

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $15)

Testing Visibility


最小価格

$ 25
コミッターあたり、
月あたり*

テストパフォーマンスの細かな視覚化

  • 不安定なテストの自動検出

  • サービス間での各テストのトレースの視覚化

  • 時間の経過とともにパフォーマンスの低下と傾向を特定する

  • すべてのテストをエンドツーエンドで視覚化する

  • 不安定なテストをもたらしたコミットを特定する

  • テストの品質と開発者の生産性を向上させる

  • 依存関係の多い複雑なテストの失敗を簡単に解決する

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $36.25)

Testing Visibility と Intelligent Test Runner


最小価格

$ 25
コミッターあたり、
月あたり*

CI パイプラインで無関係なテストを自動的にスキップする

Testing Visibility の全機能に加えて

  • 関連するコード変更に基づいて選択されたスマートなテスト

  • 手作業を介さずにテストスイートを最適化する

  • .NET と JavaScript に対応 (Python、Java、Swift はベータ版)

  • テストに費やす時間を最大 95% 節約する

  • CI コストを削減し、組織全体の時間節約を追跡する

  • 実行時間の改善により、開発者からのフィードバックを加速させる

  • パイプラインのスピードと信頼性を向上させることで開発時間を解放する

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $36.25)

機能

  • すぐに使える強力なダッシュボードとインテグレーション

  • パイプラインの健全性とパフォーマンスに関する関連チームへのアラート

他のプランと組み合わせた場合


  • パイプラインとテストを自動的にインスツルメントし、関連するログやエラーにシームレスに移動

サービスとサポート


よくあるご質問


コミッターとはどう定義されますか?
コミッターとは、アクティブな Git コミッターのことで、Git author のメールアドレスを通じて識別されます。コミッターは、指定月に 3 回以上コミットすると課金対象となります。
Git リポジトリにリンクされていないパイプラインでのコミッターの定義は?
パイプラインが Git リポジトリに関連付けられていない場合や Git メタデータが利用不可の場合、パイプライン実行をトリガーした人のユーザー名が請求対象のコミッターとして用いられます。
チーム向けに複数のプランを購入することは可能ですか?
はい、お客様は複数のプランを組み合わせて購入可能です。例えば、5 人のチームであれば、2 人のコミッターに Pipeline Visibility を、3 人の別のコミッターに Testing Visibility をそれぞれ課金することができます。
スパンとはどのように定義されますか?
Pipeline Visibility では、全パイプライン、パイプラインの各ステージ、パイプラインの各ジョブがスパンとしてカウントされます。Testing Visibility では、各テスト実行がスパンとしてカウントされます。
スパンの上限はいくつですか?
Pipeline Visibility の各コミッターには、月に 400,000 スパンが含まれ、これは全コミッターの合計で計算されます。Testing Visibility の各コミッターには、月に 1,000,000 スパンが含まれ、これも全コミッターの合計で計算されます。
スパンの保持期間はどのくらいですか?
パイプラインとテストのスパンは 15 か月間保持されます。
スパンの保持期間を変更することは可能ですか?
いいえ、スパンの保持期間は変更不可です。
追加のスパンを購入することはできますか?
はい。パイプラインスパンとテストスパンは、それぞれ 100 万スパンごとに月額 2.50 ドルで購入可能です。
CI Visibility はどの CI プロバイダーをサポートしていますか?
Pipeline Visibility: GitLab、GitHub Actions、Jenkins、CircleCI、Buildkite、Codefresh、TeamCity。他の CI プロバイダーのサポートは近日中に追加予定です。
Testing Visibility: どの CI プロバイダーでも対応可能です。
CI Visibility はどの言語のテストに対応していますか?
CI Visibility は .NET、Java、JavaScript、Python、Swift、Ruby を直接サポートしています。他の言語やテストフレームワークは JUnit xml を使用してサポートされます。
Intelligent Test Runner はどのようにしてスキップすべきテストを特定しますか?
Datadog は、特定のテストでカバーされているファイルを自動的に収集します。特定のコードコミットで変更されたファイルに基づいて、関連性のないテストはすべてスキップされます。
Intelligent Test Runner の課金方法は?
ITR の課金は、他の CI Visibility 製品と同様、請求サイクル内で少なくとも 3 回のコミットがある一意の Git author ごとに行われます。
Intelligent Test Runner を単独でセットアップすることはできますか?
ITR は正常に機能するために Test Visibility が必要であり、そのため両方を一緒に課金します。
Intelligent Test Runner の有効化/無効化を選択することはできますか?
はい、Intelligent Test Runner を特定のブランチで無効にする構成が可能です。デフォルトブランチでは無効にし、すべてのテストを継続して実行することを推奨します。
Intelligent Test Runner はいつからテストをスキップし始めますか?
Intelligent Test Runner を使用するには、デフォルトブランチでテストスイート全体を実行する「ベースライン」実行が必要です。その後、有効化されたブランチで関連性のないテストをスキップし始めます。

インフラストラクチャー

場所や規模に関係なく、あらゆるスタック/アプリケーションの内部を監視

Free


最小価格

$ 0

コアコレクションと可視化機能



Features


  • 標準イベントとメトリックス
  • すぐに使えるダッシュボード
  • 750 種類以上のインテグレーション
  • ホストとコンテナマップ
  • エンタープライズレベルのセキュリティ
  • 無制限のユーザーアカウント
  • CoScreenでの1対1のコラボレーション
  • フルレゾリューションデータ保持
  • メトリクスを 1 日保存

  • 最大 5 ホスト

Pro


最小価格

$ 18.75
ホストごと、
1 か月*

システム、サービス、サーバーレス機能の監視を一元化



Features


  • 標準イベントとメトリックス
  • すぐに使えるダッシュボード
  • 750 種類以上のインテグレーション
  • ホストとコンテナマップ
  • エンタープライズレベルのセキュリティ
  • 無制限のユーザーアカウント
  • CoScreenでの1対1のコラボレーション
  • フルレゾリューションデータ保持
  • アラート
  • コンテナモニタリング
  • カスタムメトリクス
  • カスタムイベント
  • SAML によるシングルサインオン
  • 外れ値の検出

アドオン


  • AWS Fargate (サーバーレスコンテナ)
  • IoT デバイスモニタリング
  • 750 種類以上のインテグレーション

  • すぐに使えるダッシュボード

  • 15 か月間のメトリクス保持

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $22.50)

Enterprise


最小価格

$ 28.75
ホストごと、
1 か月*

高度な機能と管理コントロール



Features


  • 標準イベントとメトリックス
  • すぐに使えるダッシュボード
  • 750 種類以上のインテグレーション
  • ホストとコンテナマップ
  • エンタープライズレベルのセキュリティ
  • 無制限のユーザーアカウント
  • CoScreenでの1対1のコラボレーション
  • フルレゾリューションデータ保持
  • アラート
  • コンテナモニタリング
  • カスタムメトリクス
  • カスタムイベント
  • SAML によるシングルサインオン
  • 外れ値の検出
  • Watchdog: 潜在的な問題を自動検出
  • 相関
  • 異常検知
  • 予測モニタリング
  • ライブプロセス
  • 高度な管理ツール

アドオン


  • AWS Fargate (サーバーレスコンテナ)
  • IoT デバイスモニタリング
  • 機械学習に基づいたアラート

  • ライブプロセス

*年払いの場合 (オンデマンドの場合は $33.75)


最小価格




Features


  • 標準イベントとメトリックス
  • すぐに使えるダッシュボード
  • 750 種類以上のインテグレーション
  • ホストとコンテナマップ
  • エンタープライズレベルのセキュリティ
  • 無制限のユーザーアカウント
  • CoScreenでの1対1のコラボレーション
  • フルレゾリューションデータ保持
  • アラート
  • コンテナモニタリング
  • カスタムメトリクス
  • カスタムイベント
  • SAML によるシングルサインオン
  • 外れ値の検出
  • Watchdog: 潜在的な問題を自動検出
  • 相関
  • 異常検知
  • 予測モニタリング
  • ライブプロセス
  • 高度な管理ツール

アドオン


  • AWS Fargate (サーバーレスコンテナ)
  • IoT デバイスモニタリング

    DevSecOps Pro


    最小価格

    $ 27.50
    ホストごと、
    月額*

    クラウドリソースの保護と業界標準の遵守



    Features


    Infrastructure Pro の全機能に加え、以下の機能が含まれます:

    • インフラストラクチャーのモニタリング
    • 設定ミスの継続的スキャン (CSPM)
    • 15 種類以上の OOTB コンプライアンスフレームワーク
    • リソースインベントリ
    • 脆弱性管理
    • ファイル整合性モニタリング
    • クラウドワークロードセキュリティ (CWPP)
    • 異常なワークロードプロファイルの検出
    • クラウドインフラストラクチャ権限管理 (CIEM)
    • ケース管理
    • ワークフロー

    Infrastructure Pro の全機能に加え、以下の機能が含まれます:

    • クラウドリソース全体の継続的な構成モニタリング (CSPM)

    • すぐに使える 15 種類のコンプライアンスフレームワーク

    • コンテナイメージの脆弱性管理

    • ワークフローによる修復の自動化ステップ

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $33.75)

    DevSecOps Enterprise


    最小価格

    $ 42.50
    ホストごと、
    月額*

    高度なリスク・脅威検知機能



    Features


    Infrastructure Enterprise と DevSecOps Pro の全機能に加え、以下の機能が含まれます:

    • インフラストラクチャーのモニタリング
    • 設定ミスの継続的スキャン (CSPM)
    • 15 種類以上の OOTB コンプライアンスフレームワーク
    • リソースインベントリ
    • 脆弱性管理
    • ファイル整合性モニタリング
    • クラウドワークロードセキュリティ (CWPP)
    • 異常なワークロードプロファイルの検出
    • クラウドインフラストラクチャ権限管理 (CIEM)
    • ケース管理
    • ワークフロー

    Infrastructure Enterprise と DevSecOps Pro の全機能に加え、以下の機能が含まれます:

    • インフラストラクチャ権限管理 (CIEM)

    • ファイル整合性モニタリング

    • クラウドワークロードセキュリティ (CWPP)

    • コンテナイメージおよびホストの脆弱性管理

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $51.25)


    ボリュームディスカウントあり (月間500ホスト以上)

    お問い合わせ

    機能


    Free

    Pro

    Enterprise

    機能


    標準イベントとメトリックス

    最大 5 ホスト

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    すぐに使えるダッシュボード

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    750 種類以上のインテグレーション

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    ホストとコンテナマップ

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    エンタープライズレベルのセキュリティ

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    無制限のユーザーアカウント

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    CoScreenでの1対1のコラボレーション

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    フルレゾリューションデータ保持

    1 日

    15 か月

    15ヶ月、カスタマイズ可能

    アラート

    無制限

    無制限

    コンテナモニタリング

    5/ホストを含む

    10/ホストを含む

    カスタムメトリクス

    100/ホストを含む

    200/ホストを含む

    カスタムイベント

    500/ホストを含む

    1000/ホストを含む

    SAML によるシングルサインオン

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    外れ値の検出

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Watchdog: 潜在的な問題を自動検出

    Icon/check Created with Sketch.

    相関

    Icon/check Created with Sketch.

    異常検知

    Icon/check Created with Sketch.

    予測モニタリング

    Icon/check Created with Sketch.

    ライブプロセス

    Icon/check Created with Sketch.

    高度な管理ツール

    Icon/check Created with Sketch.

    アドオン


    AWS Fargate (サーバーレスコンテナ)

    $1 タスクごと

    $1 タスクごと

    IoT デバイスモニタリング

    $5 デバイスごと

    $5 デバイスごと

    DevSecOps


    インフラストラクチャーのモニタリング

    Infrastructure Pro のすべての機能

    Infrastructure Enterprise のすべての機能

    設定ミスの継続的スキャン (CSPM)

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    15 種類以上の OOTB コンプライアンスフレームワーク

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    リソースインベントリ

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    脆弱性管理

    コンテナイメージ

    ホストイメージ

    ファイル整合性モニタリング

    Icon/check Created with Sketch.

    クラウドワークロードセキュリティ (CWPP)

    Icon/check Created with Sketch.

    異常なワークロードプロファイルの検出

    Icon/check Created with Sketch.

    クラウドインフラストラクチャ権限管理 (CIEM)

    Icon/check Created with Sketch.

    ケース管理

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    ワークフロー

    ホストあたり 5 回のワークフロー実行/月

    ホストあたり 20 回のワークフロー実行/月

    サポートプラン


    基本プランからオーダーメイドまで、Datadogはあらゆる組織に対して適切なレベルのサポートを提供します。

    サポートプランの詳細はこちら

    よくあるご質問


    ホストはどのように定義されますか。
    ホストとは、Datadogで監視する物理的または仮想的なOSインスタンスのことです。サーバー、VM、ノード(Kubernetesの場合)、App Service Planインスタンス(Azure App Servicesの場合)などがあります。
    コンテナはどのように監視されますか。
    Datadogエージェントは、ホスト上の任意の数のコンテナと共にコンテナ内で実行されます。そこから、隣接するコンテナやホスト自体からメトリクスを収集することができます。プランによっては、各ホスト・ライセンスに対して5個または10個のコンテナを無料でモニタリングできます。追加のコンテナは、コンテナあたり1時間あたり $0.002 で請求されます。 さらに、プリペイドコンテナを 1 コンテナあたり月額 $1 で購入することができます。
    カスタムメトリクスとは何ですか。
    Datadog は、インフラストラクチャーだけでなく、独自のアプリケーションやビジネスメトリクスを監視できるように設計されています。組織の重要なメトリクスの一部またはすべてを Datadog に送信して、グラフ作成、アラート、関連付け、異常の検出などを行うことができます。たとえば、広告収入、ショッピングカートが破棄される割合、ゲーム内収入の状態などを監視できます。これらのメトリクスは、特にインフラストラクチャーメトリクスと組み合わせて使用した場合に、多くのお客様から極めて有用であるという評価をいただいています。
    ホストごとにいくつのカスタムメトリクスが含まれますか?
    Datadogは、Proプランのインフラストラクチャ・モニタリングで監視するホストごとに100のカスタムメトリクスを、Enterpriseプランでは200のカスタムメトリクスを提供します。
    Datadogはカスタムメトリクスをどのようにカウントし、計測していますか?
    カスタムメトリクスは、ホスト単位ではなく、アカウント全体で1時間ごとにカウントされ、毎月の平均値で算出されます。カスタムメトリクスの課金に関する詳細は、カスタムメトリクスの課金に関するFAQをご覧ください。
    カスタムメトリクスの追加料金はどのように請求されますか?

    Datadogでは、ホストごとに含まれるカスタムメトリクスの数量を超えて、1か月あたり100カスタムメトリクスあたり $5 を請求します。年間請求の場合、以下のようなボリュームディスカウントがあります:

    カスタムメトリクスの数量500K-999.9K1M-4.9M5M-9.9M10M-19.9M20M-100M
    100あたりの月額$4.00$3.50$3.00$2.50$2.00
    カスタムメトリクスはどのように算出されますか?
    カスタムメトリクスは、ホスト単位ではなく、アカウント全体で平均して算出されます。
    カスタムイベントとは何ですか?
    Datadogでは、カスタムビルドのデプロイツールやスケジュールされたメンテナンスジョブなど、独自のカスタムアプリケーションから来るカスタムイベントを送信することができます。このようにして、任意のイベントをパフォーマンス メトリクスと相関させ、アラート用のモニターを作成し、処理パイプラインで取り込み時のイベントをリッチ化して、他の標準イベントと一緒にクエリできるようにします。
    1ホストあたり何イベント含まれますか?
    Datadogは、インフラストラクチャー監視で監視するホストごとに、Proプランでは500個、Enterpriseプランでは1,000個のカスタムイベントを提供します。カスタムイベントは、ホスト単位ではなく、アカウント全体で平均して算出されます。この上限を超えると、Datadogは100,000カスタムイベントに対して $2 を請求します(年間請求またはオンデマンドで $3 )ただし、お客様が含まれる量を超えることはほとんどありません。
    カスタムメトリクスやイベントを送信するにはどうすればいいですか?

    Datadog カスタムメトリクスは次の 3 つの方法で送信できます。

    • Datadog Agent に付属する DogStatsD を使用して、多くのプログラミング言語に対応した、Agent のノンブロッキング API ファンクションを通してカスタムメトリクスを送信できます。
    • Datadog Agentでは、Agentへのプラグインを通じてカスタムインテグレーションを作成できます。このプラグインシステムにより、Agentはユーザに代わってカスタムメトリクスを収集します。Datadog Agentにフィードバックされたインテグレーションは、標準的なメトリクスに変換されます。
    • また、Datadogには全機能を備えたAPIがあり、HTTPで直接、あるいは言語固有のライブラリを使って、メトリクスを送信できます。
    データの安全性はどのように保護されますか。
    セキュリティは Datadog が最も重要と考えている機能であり、ユニバーサル HTTPS、強力な TLS 構成、および HTTP Strict Transport Security を取り入れています。Datadog Agent はオープンソースであるため、自社のセキュリティ要件を満たしているかどうかを検証できます。
    他の請求オプションはありますか?
    年間プラン、月間プラン、時間単位プランをご用意しています。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることができます。請求に関する詳しい説明は、請求に関する FAQ をご覧ください。
    パートナー向けの特別な提供はありますか?
    当社は、パートナーとなる技術プロバイダー、サービスプロバイダー、および販売代理店を常に探しています。詳細については、パートナーに関するページを参照してください。
    IoTデバイスはどのように定義されますか。
    IoTデバイスとは、オンプレミスやクラウドデータセンターの外に設置され、ネットワークを介してデータを送信する非標準の計算機デバイスです。IoTデバイスの例としては、Raspberry PiやNvidia Jetsonなどがあります。Datadog IoT Agentを使って、DatadogでIoTデバイスをモニタリングすることができます。
    IoT デバイスはどのように定義されますか。
    IoT デバイスとは、オンプレミスやクラウドデータセンターの外に設置され、ネットワークを介してデータを送信する非標準の計算機デバイスです。IoT デバイスの例としては、Raspberry Pi や Nvidia Jetson などがあります。Datadog IoT Agent を使って、Datadog で IoT デバイスをモニタリングすることができます。
    一部のホスト用に DevSecOps SKU を購入し、残りのホスト用にスタンドアロンの Infrastructure または Cloud Security Management SKU を購入することはできますか?
    DevSecOps SKU を、スタンドアロンの Infrastructure または Cloud Security Management の SKU と組み合わせることはできません。

    リアルユーザーモニタリングとセッションリプレイ

    ユーザーの視点から Web およびモバイルアプリケーションのエンドツーエンドのエクスペリエンスを測定

    RUM


    最小価格

    $ 1.88
    1,000 セッションあたり、月額*

    • すぐに使えるパフォーマンスメトリクスとアラートを用いて、Web アプリケーションと iOS、Android、その他のプラットフォーム上のアプリケーションを最適化

    • エラー追跡とクラッシュレポートを使用して、コードのバグやクラッシュを視覚化

    • リソースとロングタスクを用いた高レイテンシーとアプリのフリーズのトラブルシューティング

    • ユーザーセッション内のページビューとユーザーアクションの自動およびカスタム追跡

    • ファネル分析とフラストレーションシグナルを使用して主要なユーザーフローを理解し、最適化する

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $2.75)

    RUM & セッションリプレイ


    最小価格

    $ 2.25
    1,000 セッションあたり、月額*

    RUM の全機能に加えて

    • ビデオのようなリプレイを見ることで、ユーザーの問題を直接確認

    • プライバシーオプションを使用して、デフォルトですべてのユーザー入力を除外

    • DevTools を使用して発生したバグを分析し、パフォーマンスへの影響を理解

    • ヒートマップ上のクリックインタラクションを通じてユーザー行動を視覚化

    *セッションリプレイは現在、ブラウザアプリでのみ利用可能です
    **年払いの場合 (オンデマンドの場合は $3.25)


    ボリュームディスカウントあり

    お問い合わせ

    機能


    RUM

    RUM & セッションリプレイ

    機能


    セッション

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    ビュー

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    アクション

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    エラー

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    リソース

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    ロングタスク

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    ユーザーセッションのビジュアルリプレイ

    Icon/check Created with Sketch.

    ヒートマップ

    Icon/check Created with Sketch.

    ファネルの視覚化

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    フラストレーションシグナル

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    パフォーマンスバイタル

    モバイル&コア Web バイタル

    コア Web バイタル

    すぐに使えるダッシュボード

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    エラー追跡

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    他の製品と組み合わせた場合


    APM インテグレーションを用いたフロントエンドからバックエンドまでの可視性

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    アプリケーションデータのクエリ、分析、視覚化、およびアラート

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    サポートプラン


    Datadog は基本的なプランから特別注文のサービスまで、あらゆる組織に適したサポートレベルを提供します。

    サポートプランの詳細についてはこちら

    よくあるご質問


    セッションはどのように定義されますか?
    セッションとは、Web アプリケーション上のユーザージャーニーのことです。15 分間の非活動後に失効し、最大 4 時間続きます。ユーザーセッションの詳細な説明については、ドキュメントをご覧ください。
    Datadog の RUM はどのようなデータを収集しますか?
    私たちは様々なプラットフォーム上のブラウザやモバイルアプリケーションでイベントを収集します。当社の SDK は自動的にイベントを収集するか、カスタムイベントをキャプチャするためにインスツルメントすることができます。モバイルプラットフォームのサポートについては、当社の Mobile RUM ドキュメントをご参照ください。以下のイベントをキャプチャします: ページビュー、アクションと呼ばれるボタンのクリック、リソースと呼ばれるネットワークリクエスト、およびロングタスク。キャプチャされた各イベントには、そのイベントに関する情報を提供する属性が含まれています。Browser RUM、AndroidiOSReact NativeFlutter RUM のドキュメントをご覧ください。
    セッションリプレイはどのように機能しますか?
    セッションリプレイは、デスクトップブラウザまたはモバイルブラウザで動作する Web アプリケーションで機能します。DOM および DOM ミューテーションと呼ばれる Web ページコードの変更をキャプチャし、ブラウザでリアルタイムにユーザーの体験を再現します。
    どのモバイル言語のインスツルメンテーションをサポートしていますか?
    現在、Android (Java と Kotlin)、iOS (Swift と Objective-C)、React NativeFlutter をサポートしています。
    RUM でブラウザやモバイルアプリのログを見ることはできますか?
    はい、これらのログは自動的に対応する RUM セッションに関連付けられており、これによりユーザージャーニー中に発生した際の監視が容易になります。
    RUM のセットアップを始めるにはどうすればよいですか?
    セットアップ手順は、当社のドキュメントでご確認いただけます: ブラウザセッションリプレイモバイル

    ログ管理

    保持期間を柔軟に設定でき、状況に応じたログデータの分析と調査が可能

    取り込み


    最小価格

    $ 0.13
    / 取り込みまたはスキャンされた GB、
    月額*

    すべてのログの取り込み、プロセス、Live Tail、アーカイブ

    • ログデータの強化と構造化

    • 取り込み時にパース

    • ログベースのメトリクスを生成

    • セルフホステッド アーカイブ (復元のオプション付き)

    • 動的なインデックス ルーティング

    *処理用に取り込まれた非圧縮データまたは復元用にスキャンされた圧縮データの GB あたり。

    保持または復元


    15 日間の保存期間
    $ 2.13
    / 100 万ログイベント、
    月額*

    Contact Us for Pricing


    値に基づきログを保持し、オンデマンドでアーカイブから復元

    • タブまたはファセットに基づきログの保持を定義

    • 保持期間に基づくシンプルな価格設定により、費用管理を向上

    • ログパターンと解析

    • 監査および履歴分析のための Log Rehydration™

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $3.19)


    ボリュームディスカウントあり (30 億イベント/月以上)。

    お問い合わせ

    カスタム宛先へのログ転送


    最小価格

    $ 0.31
    アウトバウンド 1 GB あたり
    / 宛先 1 件、月額*

    ログ処理、リッチ化、複数の宛先へのルーティングを一元化

    • 数回クリックするだけで、ログを任意の宛先にリアルタイムで転送

    • インデックスを作成することなく、ログの収集、変換、複数の宛先へのルーティングが可能

    • 低レイテンシー、クラウドスケールのスループット

    • RBAC 有効

    *転送先ごとの非圧縮データ GB あたり

    機能

    • 無制限ソース

    • ファセット&全文検索

    • 750 以上のベンダーによるインテグレーション

    • カスタム処理とパーサー

    • ログ解析とダッシュボード

    • ログ異常検出

    • PCI および HIPAA に準拠

    • Datadogのロールベース・アクセス・コントロール (RBAC) との完全な統合

    • エンタープライズレベルのセキュリティ

    • 無制限のユーザーアカウント

    • リアルタイムアラート

    • Logging without Limits™

    • ログベースのカスタムメトリクス

    • AWS S3、Azure Blob Storage、
      、Google Cloud Storage へのアーカイブ

    • AWS S3、Azure Blob Storage、Google Cloud Storage からの Log Rehydration™

    他のプランと組み合わせた場合


    • インフラストラクチャーの自動タグ付け

    • インフラストラクチャーと APM にシームレスに移動

    サービスとサポート


    よくあるご質問


    保存期間はどのように定義されますか。

    保存期間とは、ログの検索と分析が可能な日数です。この期間を過ぎると、ログはインデックスから削除されます。

    ただし、インデックスから削除されても、ログが完全になくなるわけではありません。長期間保存のオプションについては、ログアーカイブに関するページを参照してください。

    予想外に大量のログを送信した場合はどうなりますか。

    1 か月のログ量が保証されるため、1 日のログ量が多くても送信量が制限を受けることはありません。可視性を失うことなく、いつでも 1 日に必要なだけログを送信できます。他の日の平均ログ量が少なければ、請求額は変わりません。

    1 か月に大量のログを送信したでも、心配はいりません。可視性は完全に維持されます。契約量を超えた分についてのみ、追加サービス料 (年額の50%) をお支払いください。

    Rehydration はどのように請求されますか。
    ログの リハイドレート を行うと、Datadog は、要求された期間のアーカイブ内の圧縮ログをスキャンし、リハイドレート クエリに一致するログ イベントのみをインデックス化します。Datadog は、スキャンされたログ データの圧縮 GB あたり 0.10 ドルを請求します。リハイドレートからインデックス化されたログ イベントについては、リハイドレートのために選択された保存期間の契約インデックス化率に等しいコストがかかります。
    1 日あたりの消費 GB 数は把握しています。これが何百万ログイベントにあたるか、換算方法を教えてください。

    ログイベントの形態やサイズはさまざまです。当社がイベントベースで料金を設定しているのはこのためです。ログが豊富なほど、価値ある情報を提供できます。

    Datadog のトライアル期間中にログイベント数を見積もる最もよい方法は、直近 24 時間のイベント数をクエリし、それに 30 を掛けて月のイベント数とします。現在使用しているログ管理ソリューションがある場合は、それで見積もることもできます。

    コンテナはどのように監視されますか。
    Datadog Agent は 1 つのコンテナ内で動作しますが、さらにホスト上に任意の数のコンテナがあってもかまいません。そこから、付近にあるコンテナとホスト自体のメトリクスおよびログを収集できます。
    ログベースのメトリクスはどのように請求されますか。
    ログベースのメトリクスは、インフラストラクチャ計画に記載されているカスタムメトリクスの割り当てに対してカウントされます。
    データの安全性はどのように保護されますか。
    Datadog では、セキュリティを最重要事項としています。そのため、TCP/SSL Strict Transport Security およびエージェントレベルのスクラビングの採用、そして SOC 2 への準拠などを実現しています。Agent はオープンソースなので、お客様のセキュリティ要件を満たしているかどうかを確認できます。
    他の請求オプションはありますか。
    年単位と月単位のプランが用意されています。必要に応じて、請求プランはカスタマイズが可能です。請求に関する詳細については、請求に関してよくあるご質問をご参照ください。
    可視性と高い費用対効果を維持しながら、高度な動的ログのボリュームを管理するにはどうすればよいですか。
    ログ管理サービスの設計時から、量の変動が大きいログの管理が問題になることは想定していました。この問題に対処するため、革新的なソリューションをいくつか提供しています。詳細については、こちらでご確認いただけます。
    Datadog インフラストラクチャーまたは APM を使用せずに、ログ管理を利用することはできますか。
    インフラストラクチャー、APM、ログデータのすべてを揃えていただくことを強くお勧めしますが、Datadog のログ管理のみを利用することも可能です。ログの収集のみを設定する方法については、こちらを参照してください。
    オンデマンド の顧客にはどのような保存期間が可能ですか?
    オンデマンド のお客様の場合、デフォルトの保持期間は 15 日です。すでに Datadog アカウントを作成していて、別の保持期間を使用したい場合は、support@datadoghq.com に別の保持期間をリクエストできます。
    S3 アーカイブ、GCP ストレージ、Azure ストレージへの転送は課金対象ですか。
    いいえ。S3 アーカイブ、GCP ストレージ、Azure ストレージへの転送は、取り込み対象の 1 GB あたり 0.10 ドルで含まれています。ただし、外部の SIEM や BI ベンダーなど、その他の転送先への転送は、転送先 1 件につき 1 GB あたり 0.25 ドルから課金されます。
    ある Datadog アカウントから別のアカウントにログを転送できますか。
    これは現在サポートされていません。

    Application Performance Monitoring

    クラウドスケールのアプリケーションのパフォーマンスを
    エンドツーエンドで、コード 1 行に至るまで向上させます

    APM


    最小価格

    $ 38.75
    ホスト 1 台あたり、
    月額*

    エンドツーエンドの分散型トレーシングとサービスの健全性メトリクスで問題を迅速に解決

    • サービスの自動検出と依存関係のマッピング(ユニバーサル サービス モニタリング)

    • 15 分間のライブトレース検索と分析

    • 15 日間の履歴検索と分析

    • 15 か月間のメトリクス保持

    • トレースとメトリクス、ログ、プロセス、ネットワークデータなどの相関付け

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $45)

    APM Pro


    最小価格

    $ 43.75
    ホスト 1 台あたり、
    月額*

    ストリーミングデータパイプラインのパフォーマンスをエンドツーエンドで追跡し改善

    APMに含まれるすべてに加え、データ ストリームのモニタリング:

    • すべてのキュー、コンシューマー、プロデューサーの自動依存関係マッピング

    • エンドツーエンドのパイプラインのレイテンシとコンシューマーラグのメトリクス

    • 障害のあるキューの検出

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $52.50)

    APM Enterprise


    最小価格

    $ 50
    ホスト 1 台あたり、
    月額*

    最小限のオーバーヘッドで本番環境でのコードパフォーマンスを最適化

    APM Pro に含まれるすべてに加えて、Continuous Profiler:

    • ウォール、ロック、CPU、I/O 時間を含むコードレベルのトレース

    • リソースとコストを最適化するための CPU とメモリのコード プロファイル

    • バージョン間のコードパフォーマンスの比較

    • 自動コード分析による実用的なインサイト

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $60)

    APM DevSecOps


    最小価格

    $ 45
    ホストごと、
    1 か月*

    運用環境での OSS 脆弱性検出によりセキュリティ リスクを軽減

    APM のすべてに加えて、以下が含まれます。

    • サードパーティライブラリの脆弱性を特定

    • 暴露、CVSS、脅威の活動に基づいて、脆弱性に優先順位づけ

    • サービス所有者のインサイトを活用した実行可能な改善ガイダンス

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $54)

    APM DevSecOps Pro


    最小価格

    $ 50
    ホストごと、
    1 か月*

    運用環境での OSS 脆弱性検出によりセキュリティ リスクを軽減

    APM Proのすべてに加えて、以下が含まれます。

    • サードパーティライブラリの脆弱性を特定

    • 暴露、CVSS、脅威の活動に基づいて、脆弱性に優先順位づけ

    • サービス所有者のインサイトを活用した実行可能な改善ガイダンス

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $60)

    APM DevSecOps Enterprise


    最小価格

    $ 56.25
    ホストごと、
    1 か月*

    運用環境での OSS 脆弱性検出によりセキュリティ リスクを軽減

    APM Enterprise のすべてに加えて、以下が含まれます。

    • サードパーティライブラリの脆弱性を特定

    • 暴露、CVSS、脅威の活動に基づいて、脆弱性に優先順位づけ

    • サービス所有者のインサイトを活用した実行可能な改善ガイダンス

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $67.50)

    機能


    APM

    APM Pro

    APM Enterprise

    機能


    どんなアプリでも、どんな規模でも、エンドツーエンドの分散型トレーシングが可能

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    サービス依存関係の可視化

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    デプロイの追跡 - デプロイごとのパフォーマンスメトリクスとバージョン比較

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    サービスカタログ - リアルタイムの観測可能性データとともに、サービスの所有権を管理

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    ユニバーサル サービス モニタリング - サービスと依存関係を自動的に検出、マッピング、カタログ化

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    タグベースのフィルターを使用してスパンを保持し、UI を介して任意のスパンからカスタムメトリクスを生成

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    AI による異常値・外れ値・根本原因の検出

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    キューとアプリケーションサービス間のエンドツーエンドの可視化

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    ボトルネックやメッセージバックキューの検出

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    非同期アプリケーションにおけるコンシューマーラグの測定

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    予期せぬスループットを隣接するサービスやチームに帰属させる

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    遅延メッセージと関連するトレースやログとの相関付け

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    本番環境でのオーバーヘッドの少ないコードプロファイリング

    Icon/check Created with Sketch.

    リクエストごとのメソッドタイミング (ロック、I/O などに費やされた時間を含む)

    Icon/check Created with Sketch.

    サービスやコードラインごとの CPU およびメモリ消費量

    Icon/check Created with Sketch.

    デプロイ後のコードパフォーマンス比較 (CPU、メモリ割り当て、ロック待ち時間など )

    Icon/check Created with Sketch.

    自動コード分析と実用的なインサイト

    Icon/check Created with Sketch.

    Allotments

    スパンの取り込み: APM ホスト 1 台あたり 150GB (全 APM ホストで平均)、その後 $0.10/GB

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    スパン保持: APM ホストごとに 100 万のインデックス付きスパン (すべての APM ホストの平均)。その後、100 万インデックス付きスパンあたり $1.70 (オンデマンドでは$2.55) 、15 日間保持。その他の保持期間については、以下の よくある質問 をご覧ください。

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    プロファイルされたホスト 1 台あたり 4 コンテナ (プロファイルされたホスト全体で平均)、その後 1 コンテナあたり 2 ドル

    Icon/check Created with Sketch.

    アドオン


    AWS Fargate

    タスクあたり$2 ($2.90 オンデマンド)

    タスクあたり$2 ($2.90 オンデマンド)

    タスクあたり$2.60 ($3.70 オンデマンド)

    他の製品と組み合わせた場合


    フルスタックの可視性

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    関連するインフラストラクチャーのメトリクス、ログ、プロセス、ネットワークデータ、Synthetic テスト、RUM セッションにピボット

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    製品横断的なダッシュボードとアラート

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    サービスとサポート


    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    コミュニティフォーラムとオンラインドキュメント

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    APM DevSecOps

    APM DevSecOps Pro

    APM DevSecOps Enterprise

    DevSecOps


    サービスカタログにおける脆弱性のインサイト

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Datadog 重大度スコア

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    実用的な改善ガイダンス

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Icon/check Created with Sketch.

    Data Streams Monitoring はスタンドアロンでホスト 1 台あたり $15から
    Continuous Profilerはスタンドアロンでホスト 1 台あたり $19 から。詳細については、 お問い合わせ いただくか、担当 営業 または カスタマーサクセス 担当者にご連絡ください。

    よくあるご質問

    請求対象の APM ホストには何が含まれますか?
    請求対象の APM ホストとは、OpenTelemetry Collector を含むがこれに限定されない、Datadog SaaS アプリケーションに送信されるトレースをアクティブに生成しているホストを指します。つまり、インスツルメンテーションされていないサービス (データベース、キャッシュ、キュー、ロードバランサーなど) を実行しており、Datadog プラットフォームに送信されるトレースを生成していないホストは、APM が有効であっても APM ホストとしてカウントされません。
    APM、APM Pro、APM Enterprise を実行するには、どのような請求プランが必要ですか?
    請求対象のAPM、APM Pro、またはAPM Enterpriseホストはすべて、ProまたはEnterpriseインフラストラクチャ モニタリングの購入が必要です。
    すべてのAPMホストでProまたはEnterprise のインフラス トラクチャ モニタリングが必要ですか?
    はい。たとえば、10 個の APM ホストをサブスクライブする場合、それらのホストは 10 個の Pro または Enterprise インフラストラクチャ ホストもサブスクライブする必要があります。これは、すべての APM 層におけるコミットされたホストと非コミットされたホストの両方の使用に適用されます。
    私は既存の APM 顧客です。 APM Pro または APM Enterprise に切り替えることはできますか?
    はい。既存の APM 顧客には、プランを APM Pro または APM Enterprise に変更するオプションがあります。サポートが必要な場合は、営業担当者またはカスタマー サクセス担当者にお問い合わせください。
    APM、APM Pro、APM Enterprise ホストを組み合わせて購入できますか?
    いいえ。お客様は、すべての APM ホストにわたってプランの 1 つだけをコミットできます。プランを組み合わせることはできません。
    APM ホストの購入には、同じホスト上のユニバーサル サービス モニタリング (USM) が含まれますか?
    はい。 USM は、APM 層に関係なく、APM が購入されたのと同じホストに含まれています。つまり、Datadog は、APM ホスト上で実行されているすべての新しいサービスや計測されていないサービスを常に自動的に検出、マッピング、監視します。
    既存の USM 顧客が同じホスト上で APM の使用を開始した場合、両方の製品に対して料金が請求されますか?
    いいえ。USM と APM の両方を同じホスト上で購入またはインストールした場合、APM レベルに基づいて、ホスト上で APM 価格のみをお支払いいただきます。
    APM はどのような言語に対応していますか?
    Java、Python、Ruby、Go、Node、.NET、PHP です。対応言語とライブラリの全リストはドキュメントでご確認いただけます。
    Datadog のすぐに使えるインスツルメンテーションの上に、カスタムインスツルメンテーションを追加することは可能ですか?
    はい。一般的なライブラリやフレームワークの自動インスツルメンテーションを提供していますが、必要に応じてカスタムインスツルメンテーションを簡単に追加することができます。
    コンテナで APM を実行することはできますか?
    はい。APM をコンテナ化した環境で実行することができます。各ホスト (ノード) 上で動作するコンテナの数は、APM ホストベース価格に影響しません。AWS Fargate もサポートされています。
    APM はサーバーレスコンピューティングに対応していますか?
    はい。 AWS Fargate タスクをサポートします。 APM/APM Pro/APM Enteprise それぞれの価格は年払いで、 $2/$2/$2.60 タスクあたりです。オンデマンドの場合は、 $2.90/$2.90/$3.70 です。 APMはAWS Lambda もサポートしています。 (こちら)のサーバレスの価格情報をご覧ください。
    取り込みと保持の違いは何ですか?
    取り込みとは、トレースを Datadog に送信し、15 分間、すべてのトレースを Live Search と Analytics で利用できるようにすることです。保持とは、最も重要なトレース (エラー、高レイテンシー、ビジネスクリティカルなものなど) を保存し、選択した保持期間 (デフォルトでは 15 日間) 中に検索と分析に利用できるようにすることです。
    スパンを追加で取り込むことはできますか?

    はい。APM ホスト 1 台あたり 150GB のスパンをデフォルトで取り込みますが、15 分間のライブトレース検索と分析のために、$0.10/GB で追加のトレースとスパンをいつでも取り込むことができます。

    **注:**ホスト 1 台あたり 150GB は、すべての APM ホストで合計されます。例えば、ある月に 2 台の APM ホストがあり、1 台が 250GB、もう 1 台が 50GB (合計 300GB) 取り込んだ場合、その月の取り込みは請求されません。

    追加でスパンを保持 (インデックス化) したり、保持期間を変更することは可能ですか?

    はい。デフォルトでは、APM ホスト 1 台あたり 100 万個のインデックス化スパンを 15 日間保持しますが、いつでも追加でスパンを保持することができます。

    追加のインデックス化スパンについては、以下の保持期間を提供しています。:

    • 7 日間保持: 100 万スパンあたり月額 1.27 ドル (年間請求またはオンデマンドで 1.91ドル)

    • 15 日間保持: 100 万スパンあたり月額 1.70 ドル (年間請求またはオンデマンドで 2.55 ドル)

    • 30 日間保持: 100 万スパンあたり月額 2.50 ドル (年間またはオンデマンドで 3.75 ドル)

    これより長い保持が必要な場合は、カスタマーサクセスまたはセールス担当者にご相談の上、プランをカスタマイズしてください。

    注 1: ホスト 1 台あたりの 100 万インデックス化スパンは、お客様の APM ホストすべてで合計されます。例えば、ある月に APM ホストが 2 台あり、1 台から 150 万スパン、もう 1 台から 50 万スパン (合計 200 万スパン) をインデックス化した場合、その月のインデックス化は請求されません。

    注 2: Datadog によって自動保持されるインデックス化スパンは、ホスト 1 台あたりに含まれる 100 万インデックス化スパンにはカウントされません

    取り込みスパンやインデックス化スパンのオンデマンド請求は、契約プランとどう違うのですか?

    APM のオンデマンド利用は1時間単位でカウントされます。取り込みおよびインデックス化スパンの割り当ては、いずれも時間ごとに計測され、月全体の利用分として集計されることはありません。

    つまり、取り込みおよびインデックス化スパンの使用量が、同じ時間内に関連する APM ホストの割り当て量を超えた場合、他の時間帯のスパンの使用量に関係なく、請求が増加します。

    1 時間ごとのスパンの割り当てとオンデマンドの価格について教えてください。

    各ホスト時間について、顧客には、その年の月ごとに時間単位で均等に分割された月間割り当て (取り込みスパンは 150GB、インデックス化スパンは 1M) のシェアに対応する時間ごとに割り当てが行われます。例えば、1 月の場合、ホスト 1 時間ごとに、取り込みスパンには 0.205GB  (150GB / (365 * 24 / 12))、インデックス化スパンには 1369GB (1M / (365 * 24 / 12)) が割り当てられます。

    追加ボリュームについては、指定された時間内に、取り込みスパンの追加 GB ごとに 0.10 ドルが課金され、インデックス化スパンの追加 1M ごとにインデックス化スパンの料金が課金されます。

    トレースを 100% 取り込みおよび (または) 保存する必要がありますか?
    直感的なユーザーインターフェースを使用して、Datadog に何を送信するか、どのトレースをどのくらいの期間保存するかを決めることができます。このようにして、お客様はトレースデータとネットワーク帯域幅関連のコストを完全に制御することができます。
    スパンベースのメトリクスはどのように請求されるのですか?
    スパンベースのメトリクスは、インフラストラクチャ計画に記載されているカスタムメトリクスの割り当てに対してカウントされます。
    Azure App Services (PaaS) で Web アプリの APM を実行することはできますか?
    はい、Datadog の Azure App Service 向け拡張機能は、Azure Web Apps の追加モニタリングもサポートしています。これには自動インスツルメンテーションを用いた分散型トレーシングのフルサポート、手動の APMインスツルメンテーションを使用したスパンのカスタマイズ、アプリケーションログへの Trace_ID の挿入、DogStatsD を使用したカスタムメトリクスの送信などが含まれます。詳しくはドキュメントを参照してください。
    Azure App Services のホストとなるのはどれですか?
    すべての Azure App Service Plan インスタンスは、インフラストラクチャーホストとしてカウントされます。また、Datadog の拡張機能を実行し、Web App から APM トレースを送信している場合、基盤となる ASP のすべてのインスタンスが APM ホストとしてカウントされます。
    他の請求オプションはありますか?
    年間プラン、月間プラン、時間単位プランをご用意しています。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることができます。請求に関する詳しい説明は、請求に関する FAQ をご覧ください。
    Data Streams Monitoring とはどのようなもので、どのように機能するのでしょうか?
    Datadog Data Streams Monitoring (DSM) は、Kafka と RabbitMQ を使用するイベント駆動型アプリケーションのパフォーマンスを追跡して改善することができます。DSM は、すべてのサービスとキュー間の依存関係を自動的にマッピングし、それらの間のレイテンシーを測定し、ストリーミングデータパイプライン全体でコンシューマーラグなどの追加のヘルスメトリクスを提供し、エンドツーエンドの監視を支援します。
    請求対象の DSM ホストには何が含まれますか?
    請求対象の Data Streams Monitoring ホストは、Datadog Agent がインストールされ、その上で稼働しているプロデューサーおよびコンシューマーサービスが DSM 用にインスツルメンテーションされているホストを指します。その他のセットアップ情報については、ドキュメントをご覧ください。
    Data Streams Monitoring を実行するには、どのような請求プランが必要ですか?
    請求対象のすべての DSM ホストでは、APM との組み合わせにかかわらず、Pro または Enterprise Infrastructure Monitoring の購入が必要です。年間課金、月次課金、オンデマンド課金プランをご利用いただけます。請求に関する詳しい説明は、請求に関する FAQ をご覧ください。
    Data Streams Monitoring は、APM プランの一部でなくても購入できますか?
    はい、Data Streams Monitoring は、Pro または Enterprise Infrastructure Monitoring のホストに追加して購入することができます。ホスト毎に月額 15 ドルより、年間契約でご利用いただけます。
    一部のホストに APM Pro を購入し、残りのホストに個別のスタンドアロン製品を購入することは可能ですか?
    いいえ。お客様は、APM の全ホストにおいて、いずれかのプランにのみ契約することができ、それらを組み合わせることはできません。ただし、APM のみのお客様は、一部のホストに Data Streams Monitoring や Continuous Profiler を、APM Pro のお客様は、一部のホストに Continuous Profiler を購入することが可能です。
    どのような技術に対応していますか?
    DSM は現在、Kafka では Java、Go、.NET/C# を、RabbitMQ では Java と Go をサポートしています。その他のテクノロジーやプログラミング言語のサポートは、近日中に開始する予定です。
    DSM のデータはいつまで保持されるのですか?
    マップ履歴は 30 日間、すべてのメトリクスは 15 か月間保持されます。
    Continuous Profiler とは?
    継続的なプロファイラー (Continuous Profiler) は、最小限のオーバーヘッドで本番環境のコードレベルのパフォーマンスを継続的に観察し、分析するためのツールです。開発者がコードの中で最もリソースを消費するメソッドを特定し、最適化する際に役立ちます。詳細はこちらのドキュメントにまとめていますので、ぜひご一読ください。
    請求対象の Continuous Profiler ホストには何が含まれますか?
    請求対象の Continuous Profiler ホストとは、Datadog のランタイム固有の設定手順 () に従ってプロファイリングをインストールし有効にして、Datadog SaaS アプリケーションにプロファイルを送信するホストを指します。
    APM Enterprise を実行するには、どのような請求プランが必要ですか?
    請求対象のすべての Continuous Profiler ホストでは、APM との組み合わせにかかわらず、Pro または Enterprise Infrastructure Monitoring の購入が必要になります。価格には、プロファイルされたホスト全体で合計した、ホスト 1 台あたりにプロファイルされたアプリケーションを実行するコンテナ 4 個が含まれます。 コンテナを 1 つ追加するごとに 2 ドルが発生します。年間、月単位、オンデマンドの請求プランが利用できます。請求に関する詳しい説明は、請求に関する FAQ をご覧ください。
    Continuous Profiler を利用中です。APM Enterprise プランへの乗り換えは可能ですか?
    はい。Continuous Profiler をご利用のお客様は、ホスト 1 台あたり月額 40 ドルから APM Enterprise にプランを変更することが可能です。営業担当者またはカスタマーサクセス担当者にお問い合わせください。
    Continuous Profiler をスタンドアロンで購入することは可能ですか?
    はい。Continuous Profiler はスタンドアロンで購入でき、プロファイルされたホスト 1 台あたり月額 19 ドル、年間契約です。また、月単位やオンデマンドのプランもあり、プロファイルされたホスト 1 台あたり月額 23 ドル、1 時間あたり 0.04 ドルです。詳細については、弊社までお問い合わせいただくか、営業担当者またはカスタマーサクセス担当者までご連絡ください。
    一部のホストに APM Enterprise を購入し、残りのホストに個別のスタンドアロン製品を購入することは可能ですか?
    いいえ。お客様は、APM の全ホストにおいて、いずれかのプランにのみ契約することができ、それらを組み合わせることはできません。ただし、APM のみのお客様は、一部のホストに Continuous Profiler や Data Streams Monitoring を、APM Pro のお客様は、一部のホストに Continuous Profiler を購入することが可能です。
    プロファイルされたホストはどのように定義しているのですか?
    プロファイルされたホストは、プロファイルされたアプリケーションを実行している物理的または仮想的な OS のインスタンスです。プロファイルを行うには、ホストにエージェントがインストールされ、プロファイルが有効になっている必要があります。APM と組み合わせると、すべてのAPM ホストはプロファイラーホストにもなり、その逆もまた然りです。プロファイルされたコンテナにも同じロジックが適用されます。詳しくは請求に関する FAQ を参照してください。
    Continuous Profiler はどのような言語に対応していますか?
    Continuous Profiler は Java、.NET、Go、Python、Ruby、.Node.js、PHP をサポートしています。C、C++、Rust は現在ベータ版です。
    Datadog Continuous Profiler の仕組みは?
    当社のプロファイラーでは、すべてのスタックトレースの代表的なサンプルを常に収集し、60 秒間に渡って集計し、Datadog Agent を通じて転送しています。これは、1 分間隔で継続的に行われるため、サービスのコードレベルの可視性が失われることはありません。サービスのプロファイリングを行うには、APM トレーサーを実行する際に、当社のプロファイリングライブラリをインポートするか、環境変数のフラグを有効にするだけです。
    本番環境でパフォーマンスへの影響を最小限に抑えるにはどうすればいいのでしょうか?
    私たちは JDK Flight Recorder のような最新の最先端技術を使用し、フル稼働のワークロードでもパフォーマンスへの影響が最小限になることを保証しています。また、プロファイラーがサービスリクエストを中断したり、妨害したりすることはありません。そのため、追加のリクエストレイテンシーを発生させることはありません。
    プロファイリングとトレーシングはどう違うのですか?
    トレーシングは分散型システムのサービス間のリクエストのレイテンシーを測定するもので、プロファイリングはサービスのコードレベルで起こったすべてのことについてより深い洞察を提供するものです。
    Datadog Continuous Profiler のメリットは何ですか?
    Continuous Profiler は、Datadog プラットフォームの他の部分と緊密にインテグレーションされており、メトリクス、トレース、ログ間のシームレスな相関をコードレベルまで拡張します。これは、コードパフォーマンスの最適化、クラウドプロバイダーへの請求のコスト削減、ユーザーエクスペリエンスの向上のためのリクエストレイテンシーの削減などに非常に有効です。
    プロファイルにはどのような種類があるのでしょうか?
    CPU、メモリ、ロック、ウォールタイム、ディスク IO、ソケット IO、ゴルーチン、例外、その他多くのプロファイルタイプが利用可能で、プログラミング言語によって異なる場合があります。詳しくはドキュメントページをご覧ください。
    他の請求オプションはありますか?
    年間プラン、月間プラン、時間単位プランをご用意しています。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることができます。請求に関する詳しい説明は、請求に関する FAQ をご覧ください。
    Application Vulnerability Management はスタンドアロンで提供されているのでしょうか?
    アプリケーションの脆弱性管理は、APM DevSecOps バンドルを通じて提供されるか、スタンドアロンで 10 ドル / ホスト / 月で提供されます。ただし、スタンドアロンで購入する場合は、ホスト上に APM があることが前提条件となります。
    Application Vulnerability Management の仕組みは?
    APM でインスツルメンテーションされたサービスが起動すると、トレーサーはアプリケーションがアクティブにロードしているライブラリのリストを収集し、それらのライブラリとバージョンに関連する脆弱性のリストを報告します
    請求対象の Application Vulnerability Management のホストには何が含まれますか?
    APM と同様に、請求対象の Application Vulnerability Management ホストは、Application Vulnerability Management が有効で、Datadog SaaS アプリケーションにスパンをアクティブに送信しているホストです。
    Application Vulnerability Management はどのような言語に対応していますか?
    Java、.NET、Node.JS、Python です
    すべての APM ホストに製品をデプロイする必要があるのでしょうか?
    いいえ、製品をアクティベートするサービスはお客様側で選択することができます。
    全リージョンで使用可能ですか?
    はい
    パートナー向けの特別なプランはありますか?
    Datadog は、テクノロジーやサービスのプロバイダーや再販業者との提携を常に求めています。詳しくは、パートナーのページをご覧ください。

    Test Visibility & Intelligent Test Runner

    Monitor the health and performance of your tests

    Test Visibility


    最小価格

    $ 25
    Per committer,
    per month*

    Granular visibility into test performance

    • Automatic flaky test detection

    • Visualize traces for each test across services

    • Identify performance regressions and trends over time

    • End-to-end visibility across all tests

    • Identify commits introducing flaky tests

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $36.25)

    Intelligent Test Runner


    最小価格

    $ 25
    Per committer,
    per month*

    Automatically skip irrelevant tests in your CI pipelines

    • Smart test selection based on relevant code changes

    • Optimize your test suites with no manual intervention

    • Compatible with .NET, Python, Javascript, Java, Swift & Ruby

    • Save up to 95% of time spent in testing

    • Lower CI costs & track org-wide time savings

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $36.25)

    機能

    • Improve testing quality and developer productivity

    • Easily solve complex test failures with many dependencies

    • Accelerate developer feedback by improving execution time

    • Free up development time by improving pipeline speed and reliability

    他のプランと組み合わせた場合


    • Auto-instrument pipelines and tests to seamlessly pivot to related logs and errors

    サービスとサポート


    よくあるご質問


    How do you define a committer?
    A committer means an active Git committer; they are identified through their Git author email address. A committer is counted towards billing if they commit at least 3 times in a given month.
    Can I purchase more than one software delivery plan for my team?
    Yes, customers can purchase a combination of software delivery plans. For example, for a team of 10, you can have 5 committers billed for Pipeline Visibility, 3 committers billed for Test Visibility, and 2 committers billed for Test Visbility and Intelligent Test Runner.
    How do you define a span?
    Every individual test run is considered a span in Test Visibility,
    How many spans are allotted?
    1,000,000 spans per committer per month or 1370 spans per committer per hour (both summed across all Testing Visibility committers). Additional test spans can be purchased at $3 per million spans per month.
    What is the span retention period?
    Test spans are retained for 3 months.
    Can I modify the span retention period?
    No, the span retention period cannot be modified.
    What CI providers does CI Visibility support?
    Test Visibility is compatible with any CI provider(not limited to those supported by Pipeline Visibility).
    What languages does CI Visibility support for tests?
    CI Visibility directly supports .NET, Java, JavaScript, Python, Swift, and Ruby. Other languages and test frameworks are supported by using JUnit xml.
    How does Intelligent Test Runner identify which tests to skip?
    Datadog automatically collects which files are covered by any given test. Based on the files that have been modified in any given code commit, we skip all irrelevant tests.
    How is Intelligent Test Runner billed?
    ITR is charged on the same units as other CI Visibility products - per unique git author with at least 3 commits in a billing cycle.
    Can I set up Intelligent Test Runner on its own?
    ITR requires Test Visibility to work correctly, which is why we bill them together.
    Can I choose when Intelligent Test Runner is enabled and disabled?
    Yes, you can configure Intelligent Test Runner to be disabled for specific branches. We recommend you disable it for your default branch and continue to run every test.
    When will Intelligent Test Runner begin skipping tests?
    Intelligent Test Runner requires a “baseline” run where you execute your entire test suite in the default branch. From that point forward, Intelligent Test Runner will begin skipping irrelevant tests for the branches it’s enabled for.

    ユニバーサルサービスモニタリング

    コードを変更することなく、すべてのサービスを自動的に検出、マッピング、監視する

    最小価格

    $ 11.25
    インフラストラクチャーホスト 1 台あたり、
    月額*

    • すべてのファーストパーティおよびサードパーティのサービスとその依存関係を自動的に検出する

    • あらゆるサービスのリアルタイムなパフォーマンスメトリクスを一元的に監視する

    • 全チームでモニタリングのベストプラクティスを標準化する

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $16.25)


    ボリュームディスカウントあり

    お問い合わせ

    機能

    • コードを変更することなく、自動でサービスを検出

    • リアルタイムのサービス依存関係マップ

    • リアルタイムのスループット、エラー、レイテンシーのメトリクス

    • 設定しやすい SLO と一貫性のある SLI

    • 機械学習ベースのモニター

    • 自動的に作成されるサービスカタログ

    • サービス所有権の管理

    • ソースコードと Pagerduty のインテグレーション

    • テンプレート変数を使ったダッシュボードをドラッグアンドドロップ

    • あらゆるプログラミング言語をサポート

    他のプランと組み合わせた場合


    • 調査中に、関連するメトリクス、トレース、ログ、コードプロファイルにシームレスにピボットする

    • サービスのパフォーマンスと信頼性をセキュリティシグナルと相関付ける

    サービスとサポート


    • チャットとメールによるテクニカルサポート

    • コミュニティフォーラムとオンラインドキュメント

    よくあるご質問


    ユニバーサルサービスモニタリング (USM) とはどのようなもので、どのように機能するのでしょうか?
    ユニバーサルサービスモニタリング (USM) は、革新的な eBPF テクノロジー (カーネルレベル) を使用して、コードを変更することなく、プログラミング言語に関係なく、サービスの全フリートのリクエスト、エラー、およびレイテンシーのメトリクスを数秒で提供します。詳しくは、ドキュメントブログをご覧ください。
    USM を実行するには、どのような請求プランが必要ですか?
    Datadog USM は、プランの Pro または Enterprise Infrastructure Monitoring ホストごとに購入する必要があります。
    インフラストラクチャーモニタリングを利用中です。USM を自分のプランに追加することはできますか?
    はい。インフラストラクチャーモニタリングをご利用のお客様は、ホスト 1 台あたり月額 11.25 ドルの追加料金で、Pro または Enterprise ホストすべてに USM を追加できます (年間契約での開始価格)。詳細については、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。
    Pro または Enterprise Infrastructure のホストのサブセットに対して USM を購入することはできますか?
    いいえ。USM を最大限に活用するためには、Pro または Enterprise Infrastructure のホストに追加で購入する必要があります。
    USM はどのようなインフラストラクチャーに対応していますか?
    USM は現在、コンテナ化された環境をサポートしています。コンテナ化されていない環境のサポートは近日中に行われる予定です。詳しくはドキュメントをご覧ください。
    USM はサーバーレス技術に対応していますか?
    ECS Fargate、EKS Fargate、AWS Lambda などのサーバーレス技術は現在サポートされていません。
    USM はどのような OS に対応していますか?
    USM は現在、ほとんどの Linux (4.14+) または CentOS/RHEL (8.0+) のコンテナ環境と Windows IIS ベースのサービス (Windows 2012 R2+) をサポートしています。詳しくはドキュメントをご覧ください。
    USM はどのようなプログラミング言語やネットワークプロトコルに対応していますか?
    USM はプログラミング言語にとらわれず、現在、HTTP とHTTPS (OpenSSL と GnuTLS をサポート) を使用して通信するコンテナ化アプリケーションをサポートしています。詳しくはドキュメントをご覧ください。
    USM と Datadog APM の違いは何ですか?
    USM は、プログラミング言語を問わず、再デプロイメントを必要とせず、ファーストパーティおよびサードパーティのサービスを自動的に検出し、マッピングし、カタログ化します。これにより、サービスの健全性メトリクスと依存関係を即座に可視化し、アプリケーションのあらゆる場所で問題を迅速に検出することができます。Datadog APM では、分散型トレーシングとコードプロファイルにより、リクエストレベルおよびコードレベルの可視性を提供することで、問題のトラブルシューティングを容易に行い、根本原因の分析と解決を迅速に行うことができます。
    同じホストに USM と APM を購入することは可能ですか?
    はい。Pro または Enterprise Infrastructure のすべてのホストで USM を設定し、これらのホストのすべてまたはサブセットで APM と分散型トレーシングを設定することは可能です。これは、Datadog APM をご利用の既存および新規のお客様に適用されます。
    同じホストに USM と APM を購入した場合、請求はどうなるのでしょうか?
    USM と APM の両方を購入し、同一ホストにインストールする場合は、両製品の料金を別々に支払うことになります。
    他の請求オプションはありますか?
    インフラストラクチャーモニタリングとの組み合わせで、年間プラン、月間プラン、時間単位プランをご用意しています。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることができます。請求に関する詳しい説明は、請求に関する FAQ をご覧いただくか、担当のアカウントマネージャーまでお問い合わせください。

    Application Security Management

    コンテキストを考慮した脆弱性と脅威の管理により、WebアプリとAPIを保護

    Vulnerability Management


    最小価格

    $ 12.50
    ホスト 1 台あたり、
    1 か月*

    • サードパーティ製ライブラリの脆弱性を特定

    • 暴露、CVSS、脅威の活動に基づいて脆弱性の優先順位付けする

    • サービス・オーナーシップのインサイトにより、改善へのボトルネックを解消

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $18.75)

    Threat Management


    最小価格

    $ 38.75
    ホスト 1 台あたり、
    1 か月*

    • OWASP攻撃をリアルタイムで検知

    • 不審なリクエストや不正行為をブロックして Web アプリケーションを保護する

    • 実行時の実行コンテキストと攻撃フローを調査する

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $45)

    機能

    アドオン


    AWS Fargate (サーバーレスコンテナ)

    タスクあたり $2 ($2.90 オンデマンド)

    • 分散トレースを活用したコンテキストリッチなシグナル

    • 調査中の観測可能性テレメトリーへのピボット

    • 数分でのデプロイ

    • 無制限のユーザーアカウント

    • セキュリティシグナルを 15 か月間保持

    • 不審なリクエストを90日間保存。

    他のプランと組み合わせた場合


    • アプリケーションの脅威をホストやワークロードレベルの脅威や誤設定と関連付ける1つのインターフェイス

    サービスとサポート


    • テクニカルサポート (チャット・メール)

    • コミュニティフォーラムとオンラインドキュメント

    よくあるご質問


    ASMは独立した製品ですか?脆弱性と脅威の管理は別々に購入できますか?
    ASMは、アプリケーション・パフォーマンス・モニタリングでのみ提供されます。APMをご利用のすべてのお客様は、統一されたDatadogライブラリを活用するため、ASMを迅速かつ簡単に有効にすることができます。お客様は、ニーズに応じて脆弱性管理および/または脅威管理を購入することができます。
    アプリケーション・セキュリティ管理(ASM)はどのように機能しますか?
    ASMは、Datadogライブラリを活用して、アプリケーションの脆弱性と脅威を検出します。このライブラリは、Webアプリケーション内で実行されているサードパーティライブラリに関するテレメトリを収集し、設定可能なルールに基づいて攻撃を検出・ブロックするアプリ内WAFを組み込みます。詳しくはドキュメントを参照してください。
    ASMの請求対象となるホストは何をカウントしますか?
    APMと同様に、請求対象のASMホストは、ASMが有効になっており、Datadog SaaSアプリケーションにスパンをアクティブに送信しているホストをカウントします。
    AWMは、どの開発言語をサポートしていますか?
    Java、Ruby、Go、Node、.NET、PHP、Python。ASMはFargate環境やサーバーレス機能もサポートしています。
    すべての APM ホストに製品をデプロイする必要があるのでしょうか?
    いいえ。どのホストで製品を有効にするかは、お客様が選択することができます。
    他の請求オプションはありますか?
    年間プラン、月間プラン、時間単位プランをご用意しております。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズいたします。課金についての詳しい説明は、課金FAQをご覧ください。
    全リージョンで使用可能ですか?
    はい。アプリケーションセキュリティ管理は、EU、JP、USのすべてのホストアカウントでご利用いただけます。
    パートナー向けの特別な提供はありますか?
    私たちは常に、テクノロジーやサービスのプロバイダー、リセラーとの提携を模索しています。詳しくはパートナーのページをご覧ください。

    Sensitive Data Scanner

    あらゆる規模の機密データをリアルタイムで
    発見、分類、保護

    最小価格

    $ 0.38
    /スキャンしたGB
    1 か月*

    • すぐに使える検出ルールとカスタマイズ可能な検出ルール

    • ソースを問わず、取り込まれたすべてのログデータからセンシティブなデータを検出

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $0.56)

    機能

    • リアルタイムでのセンシティブデータの発見と分類

    • すぐに使える、カスタムルール機能

    • Datadogのロールベース・アクセス・コントロール(RBAC)との完全な統合

    • ストリームを利用したデータのパターンマッチング

    • スキャングループによるデータのスキャンと分類の詳細な制御

    • Datadogのアラートやダッシュボードと完全に統合されており、コンプライアンスの追跡や調査が可能

    • 標準タグとカスタムタグを使ったデータを相関

    他のプランと組み合わせた場合


    • 調査中に関連するメトリクス、トレース、ログにシームレスにピボット可能

    • セキュリティシグナルと詳細な観測データを相関

    サービスとサポート


    • テクニカルサポート(チャット、Eメール)

    • コミュニティフォーラムとオンラインドキュメント

    よくあるご質問


    Sensitive Data Scannerの仕組みは?
    センシティブデータスキャナーは、パターンマッチングルールを使用してセンシティブデータを分類・追跡し、オプションでそのデータが漏洩しないようにスクラブやハッシュ化を行います。詳しくは、 ドキュメントをご覧ください。
    スキャンされるログをフィルタリングすることはできますか?
    はい。Datadogでは、複数のスキャングループを設定することができ、タグやログの属性を使ってログをフィルタリングすることができます。
    スキャンルールを設定するにはどうすればいいですか?
    ライブラリからルールを使用するか、カスタムルールを定義します。その方法については、 ドキュメントをご覧ください。
    センシティブなデータの取り扱いにはどのような選択肢がありますか?
    Datadogエージェントは、コンプライアンス上重要なデータがプラットフォームの外に送信されるのを防ぐために、スクラビングなどのソリューションを提供します。詳細は、 ドキュメントをご覧ください。
    スキャンルールの機密性/アクセスコントロールを確保するにはどうすればいいですか?
    Sensitive Data Scannerは、Datadog の ロールベースのアクセスコントロール(RBAC) と完全に統合されているため、どのロールやユーザーがアクセスできるかを簡単にコントロールすることができます。
    これはすべての地域で利用可能ですか?
    はい、センシティブデータスキャナーは、EUおよび米国でホスティングされているすべてのアカウントで利用できます。
    どのような課金オプションがありますか。
    年間プラン、月額プランをご用意しております。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることができます。請求についての詳しい説明は、請求に関するよくあるご質問をご覧ください。
    パートナー向けの特別なサービスはありますか。
    当社は、テクノロジーやサービスを提供する企業やリセラーとのパートナーシップを常に求めています。詳しくは、Partner Network のページ をご覧ください。

    インシデント管理

    完全統合型のアプリ内インシデント管理

    最小価格

    $ 25
    1 ユーザー、
    1 か月*

    • インシデントの検出、トリアージ、追跡を、コンテキストの切り替えなしで実行

    • 重大度を評価し、関連するチームやリソースを動員

    • アプリ内で、お気に入りのコミュニケーションツールを使って直接コラボレーションを実施

    • 直感的に使えるタイムラインでインシデントを追跡し、事後分析を生成

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $37.50)

    機能

    • 複数ソースからのインシデント宣言、管理、および調査

    • コンテキストを失わずにアラートからチャットルーム / タイムラインへ移動可能

    • Datadog Slack アプリでコラボレーションワークフローを活用

    • ページングやコミュニケーションツールとの統合

    • プラットフォーム全体からデータと信号を収集

    • モニターやランブックから Webhook を設定して自動修復

    • Datadog ノートブックやその他のドキュメントツールへのエクスポート

    他のプランと組み合わせた場合


    • プラットフォーム全体での自動インシデント管理

    • あらゆるソースからのインシデントデータを最初から最後まで保存

    サービスとサポート


    • テクニカルサポート (英語でのチャット、電子メール)

    • コミュニティフォーラムとオンラインドキュメント

    よくあるご質問


    ユーザーはどのように定義されていますか。
    インシデント管理は、月間アクティブユーザー (MAU) をカウントすることで課金されます。インシデントにコメントやシグナル(グラフ、リンクなど)を送信して貢献したユーザーのみが 「アクティブユーザー」としてカウントされます。インシデントを開く/閉じる、または表示しただけのユーザーはカウントされません。また、名前は必要ないため、アクセス権のあるユーザーを特定する必要はありません。
    Datadog のインシデント管理はどのようなツールと統合されていますか。
    Datadog は Datadog Slack アプリと統合し、インシデント関連のコミュニケーションチャンネルを設置してコラボレーションとタイムラインの共有などを行っています。その他のコミュニケーションツールも、インシデントから直接リンクすることができます。詳細はドキュメントをご覧ください。
    インシデントを申告するにはどうすればよいですか。外部の詳細を含めることはできますか。
    インシデント管理は Datadog プラットフォームとの関わりが深いため、どこにいても必要なときにインシデントを開くことができます。インシデントは、アラート、グラフ、ログ、APM、セキュリティシグナルなどから開けます。カスタマーサポートチケットのような外部ソースも、リンクとして追加することでインシデントのシグナルとして使用することができます。これによって、それらをインシデントのタイムラインに追加し、影響範囲の説明を行うことができます。
    Datadog にはオンコールスケジューラーがありますか。
    Datadog は PagerDuty のようなパートナーと統合し、オンコールチームのメンバーをインシデントに追加し、適切に通知を送信しています。
    他の Datadog 製品は契約せずに、Datadog のインシデント管理のみを使用できますか。
    Datadog のインシデント管理は、スタンドアロンのインシデント管理ソリューションとしてチームでご利用いただくことも、すでに使用しているツールやプロセスを統合するためのアプリ内のセントラルハブとして使用することもできます。

    Synthetic Monitoring

    API、ブラウザ、モバイルアプリのテストによって、エンドツーエンドでの可視性をプロアクティブに実現

    API テスト


    最小価格

    $ 6.25
    1 万回のテスト実行あたり、

    サイトの可用性をプロアクティブに監視

    • アップタイム SLA と SLO の監視

    • グローバルに管理されたロケーション

    • 高度なアラート機能

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $9)

    ブラウザテスト


    最小価格

    $ 15
    1,000 回のテスト実行あたり、
    月あたり*

    重要なユーザージャーニーを簡単に監視

    • コードなしでテストを記録

    • インテリジェントな自己メンテナンステスト

    • ステップごとにスクリーンショットとフロントエンドのエラーを表示

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $22.50)

    モバイルアプリテスト


    最小価格

    $ 62.5
    100 回のテスト実行あたり、
    月あたり*

    主要なビジネスフローを実際のデバイスを使用してプロアクティブに監視

    • コードなしでテストを記録

    • 実際の Android および iOS デバイスでテストを実行

    • インテリジェントな自己メンテナンスタスク

    • ステップごとにスクリーンショットとフロントエンドのエラーを表示

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $90)

    機能

    • サイトのアップタイムとレイテンシーの追跡

    • グローバルパフォーマンスの把握

    • SLA と SLO の追跡

    • テスト実行頻度のカスタマイズ

    • DNS、SSL、TTFB などのレイテンシー表示。

    • コード不要のテスト作成用 Web-Recorder

    • AI による自己メンテナンステスト

    • ウォーターフォールの視覚化とスクリーンショット

    • 豊富なコンテキストによるリアルタイムアラート

    • タグによる簡単なソートとフィルタリング

    他のプランと組み合わせた場合


    • フルスタックの可視性

    • 関連メトリクス、トレース、ログへのピボット

    サービスとサポート


    よくあるご質問


    API テストとブラウザテストの違いは何でしょうか?
    API テストは単一のエンドポイントや URL を監視し、ブラウザテストは複数のアクションやページを含む Web ビジネストランザクションや Web ユーザージャーニーを監視します。また、複数の API リクエストを連結するマルチステップ API テストも利用可能です。
    Synthetic モニターでアラートを発信することはできますか?
    はい、アラートは組み込まれており、テストが失敗すると自動的に発動します。Datadog は Slack、Pagerduty、ServiceNow などのお気に入りのコラボレーションツールやコミュニケーションツールともインテグレーション可能です。
    エンドポイントのリクエストをエンドツーエンドで表示することはできますか?
    はい、すぐに使える APM インテグレーションを使用することで、任意の Synthetic テストを対応するバックエンドやコードレベルの洞察と関連付け、解決までの平均時間を最小限に抑えることができます。
    プライベートロケーションを使用するための追加料金はありますか?
    いいえ、プライベートロケーションをセットアップするための追加費用はかかりません。プライベートロケーションへのテスト実行は、マネージドロケーションへの実行と同様に請求されます。
    API テストの実行とは何を意味しますか?

    HTTP、SSL、DNS、TCP、ICMP はすべて API テストの請求対象です。エンドポイントへの各アクセスは 1 回のテスト実行としてカウントされます。例えば、1 分ごとに 3 つのロケーションからテストを実行する設定の場合、1 時間で 180 回のテスト実行としてカウントされます。

    マルチステップ API テストでは、各リクエストが個別の API テストとしてカウントされます。

    ブラウザテストの実行とは何を意味しますか?
    完全なトランザクション (25 ステップ) のシミュレーションは、1 回のテスト実行としてカウントされます。50 ステップを含むテストは、実行するたびに 2 回のテスト実行としてカウントされます。例えば、5 つの異なるロケーションと 2 つの異なるデバイスから 15 分ごとに 51 ステップのテストを実行すると (3 回のテスト実行としてカウント)、1 時間に 120 回のテスト実行としてカウントされます。
    ブラウザテストのサブテストは、Synthetic の請求にどのように関わりますか?
    サブテストは、ブラウザテストの他のステップと同様に扱われます。したがって、サブテストはテスト全体の実行の一部として請求されます。例えば、3 つのサブテストを含むブラウザテストをセットアップし、それぞれが 5 ステップを含む場合、合計 15 ステップとしてカウントされます。

    ネットワークモニタリング

    デバイスとトラフィックフローを監視してネットワークを完全に可視化

    ネットワークパフォーマンスモニタリング


    最小価格

    $ 6.25
    ホストごと、
    1 か月*

    ネットワークトラフィックのパターンを理解し、タグで検索

    • ネットワークマップ上でフローを可視化

    • トラフィックをホスト、プロセス、コンテナ、サービス、AZ などで分類

    • システム全体のDNSのパフォーマンスを分析

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $9)

    ネットワークデバイスモニタリング


    最小価格

    $ 8.75
    1 デバイス、
    1 か月*

    オンプレミスネットワークデバイスの健全性とパフォーマンスの監視

    • スイッチ、ルーター、ファイアウォールなどから収集したすぐに使えるメトリクス

    • インターフェースの帯域幅と使用率、ディスク、ファン、その他のハードウェアの健全性を可視化

    • 包括的&カスタマイズ可能なアラート

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $12.75)

    NDM Netflow
    モニタリング


    30 日間の保存期間
    $ 0.82
    100万レコードあたり、
    1 か月*

    Contact Us for Pricing


    NetFlow対応デバイスのトラフィック・トレンドおよび帯域幅使用量のモニタリング

    • トップ トーカー、トップ リスナー、トップ プロトコルを特定

    • NetFlowレコードをインターフェース、デバイス、アプリケーションなどのフィールドにフィルタリングして、ビューをピボットできます。

    • すぐにつかえるOOTBダッシュボードでNetFlowデータを時系列で可視化します。

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $1.18)

    機能

    • ネットワークトラフィックマッピング

    • 有意義なトラフィックの集計

    • ハイブリッド、オンプレミス、クラウドカバレッジ

    • ユーザー定義によるタグ付け

    • デバイスのオートディスカバリー

    • 数分でのデプロイ

    他のプランと組み合わせた場合


    • インフラストラクチャー、APMとログにシームレスに移動

    • インフラストラクチャーの自動タグ付け

    サービスとサポート


    よくあるご質問

    ホストはどのように定義されますか。
    ホストとは、ネットワークパフォーマンスモニタリングが有効になっているDatadogエージェントがインストールされている物理マシンまたは仮想マシンです。
    NPMフローはどのように定義されますか?
    フローとは、ソース (IP:Port) と送信先 (IP:Port) の間で 5 分間の期間に送受信されるトラフィックの記録です。合計フロー数を削減するため、同様の送信先を 1 つのフローにまとめる場合もあります。
    ホストごとにいくつのNPMフローが含まれますか?
    Datadogは、ネットワークモニタリングで監視するすべてのホストに対して、600万のNPMフローを提供します。NPMフローは、ホスト単位ではなく、アカウント全体で平均化されます。
    ネットワーク パフォーマンス モニタリングはコンテナに対応していますか?
    はい。Datadog のネットワークモニタリングは、コンテナ化された高度に動的な環境で動作するように設計されています。ユーザー定義のタグを使用すると、コンテナ、クラスター、ポッド、デプロイなどさまざまな条件でネットワークフローを分類することができます
    NPMやNDMを使用するには、他のDatadog製品を購入する必要がありますか?
    すべてのインフラストラクチャ、トレース、ログ、およびネットワーク情報を 1 つの屋根の下に置くことは、包括的な可視化のために推奨されますが、必須ではありません。 ネットワークパフォーマンスモニタリングでは、NPM が監視するホストごとに Infrastructure Pro または Enterprise プランを購入する必要があります。 ネットワークデバイスの監視では、デバイスのポーリングに使用される 1 つ以上のインフラストラクチャホストを購入する必要があります。
    デバイスはどのように定義されますか。
    デバイスは、SNMPを使用してポーリングされる一意のIPアドレスを持つ物理アプライアンスまたは仮想アプライアンスを意味します。金を請
    NetFlowレコードはどのように定義されますか?
    NetFlow は Cisco によって作成されたネットワーク・プロトコルで、ネットワーク・デバイス間のトラフィックの流れを記述します。Datadog は、 jFlow、 sFlow、 IPFIX または標準 NetFlow v5 または v9 を含む、 すべての NetFlow バージョンをサポートしています。Datadog エージェントは、生の NetFlow データを時間オーバーで集約し、定期的に送信します(デフォルトは5分、カスタマイズ可能)。
    NetFlowモニタリングの保存期間オプションは?
    NetFlow レコードの保存期間は 15 日、30 日、60 日、90 日です。その他の保存期間や価格については こちらから お問い合わせください。
    NPMやNDMを使用するには、他のDatadog製品を購入する必要がありますか?
    すべてのインフラストラクチャ、トレース、ログ、およびネットワーク情報を 1 つの屋根の下に置くことは、包括的な可視化のために推奨されますが、必須ではありません。 ネットワークパフォーマンスモニタリングでは、NPM が監視するホストごとに Infrastructure Pro または Enterprise プランを購入する必要があります。 ネットワークデバイスの監視では、デバイスのポーリングに使用される 1 つ以上のインフラストラクチャホストを購入する必要があります。

    Application Vulnerability Management

    運用中のアプリケーションの脆弱性を継続的かつリアルタイムに検出

    最小価格

    $ 12.50
    ホスト 1 台あたり、
    月額*

    • 本番環境におけるオープンソースの脆弱性をリアルタイムで継続的に可視化

    • ビジネスへの影響に基づき、セキュリティ修正の優先順位を決める

    • 高速な修復の追跡

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $18.75)

    よくあるご質問


    Application Vulnerability Management はスタンドアロンで提供されているのでしょうか?
    Application Vulnerability Management は、Application Performance Monitoring でのみ提供されます。APM をご利用のお客様は、Datadog の統一ライブラリを活用することで、Application Vulnerability Management を迅速かつ容易に有効化することができます。
    Application Vulnerability Management の仕組みは?
    APM でインスツルメンテーションされたサービスが起動すると、トレーサーはアプリケーションがアクティブにロードしているライブラリのリストを収集し、それらのライブラリとバージョンに関連する脆弱性のリストを報告します
    請求対象の Application Vulnerability Management のホストには何が含まれますか?
    APM と同様に、請求対象の Application Vulnerability Management ホストは、Application Vulnerability Management が有効で、Datadog SaaS アプリケーションにスパンをアクティブに送信しているホストです。
    Application Vulnerability Management はどのような言語に対応していますか?
    Java、.NET、Node.JS、Python です
    すべての APM ホストに製品をデプロイする必要があるのでしょうか?
    いいえ。どのホストで製品を有効にするかは、お客様が選択することができます。
    全リージョンで使用可能ですか?
    はい
    パートナー向けの特別な提供はありますか?
    私たちは、テクノロジーやサービスプロバイダー、再販業者との提携を常に求めています。詳しくはパートナーのページをご覧ください。

    Audit Trail

    監査証跡によるコンプライアンス維持、プラットフォームガバナンスの強化、透明性の構築

    最小価格

    月間利用額の2%*

    • すべてのサービスにおけるユーザーアクセスとプラットフォームの変更を完全に可視化し、DevOpsチームとコンプライアンスチームにコンテキストに富んだインサイトを提供します。

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は 3%)

    機能

    • Datadogプラットフォームにおけるすべてのアクセスおよび設定アクティビティを監査

    • 最大90日間の詳細な監査イベントの検索と分析

    • 監査イベントをアーカイブして長期保存

    • Datadogのアラートやダッシュボードと完全に統合されており、コンプライアンスの追跡や調査が可能

    • インデックス保持の変更など、重要なイベントをアラートで通知

    • Datadogのロールベース・アクセス・コントロール(RBAC)との完全な統合

    他のプランと組み合わせた場合


    • 調査中に関連するメトリクス、トレース、ログにシームレスにピボット可能

    • セキュリティシグナルと詳細な観測データを相関

    サービスとサポート


    • テクニカルサポート(チャット、Eメール)

    • コミュニティフォーラムとオンラインドキュメント

    よくあるご質問


    Audit Trail(監査証跡)の仕組みは?
    Audit Trail は、すべてのアクセスと設定変更のアクティビティをキャプチャし、イベントを検索および分析するための単一のビューを提供します。詳細はこちら ドキュメント.
    Datadog Audit Trailを設定する方法は?
    Datadog Audit Trailは、組織設定のAudit Trail設定ページで有効にすることができます。詳細については、当社の ドキュメント をご覧ください。
    Audit Trail Eventsの機密性/アクセス制御を確保するにはどうすればよいですか?
    Datadog Audit Trailは、Datadog ロールベースアクセスコントロール(RBAC) と完全に統合されており、どのロールやユーザーがアクセスできるかを簡単に制御することができます。詳しくはドキュメントをご覧ください。
    Datadog Audit Trailを使用するために、他のDatadog製品を購入する必要がありますか?
    はい、必要です。
    これはすべてのリージョンで利用可能ですか?
    はい、Datadog Audit Trailは、EUおよび米国でホストされているすべてのアカウントで利用可能です。
    どのような課金オプションがありますか。
    課金オプションの詳細については、カスタマーサービスの担当者にお問い合わせください。
    パートナー向けの特別なサービスはありますか。
    私たちは常に、テクノロジーやサービスのプロバイダー、リセラーとの提携を模索しています。詳しくはパートナーのページをご覧ください。

    データベースモニタリング

    低パフォーマンスのクエリを顕在化し、アプリのパフォーマンスを最適化

    最小価格

    $ 87.50
    1 データベースホスト、
    1 か月*

    • データベースで生成されたメトリクスを使用し正規化されたクエリのパフォーマンス傾向を追跡

    • クエリのパフォーマンスとデータベースインフラのメトリクスを相関

    • データベース ホスト、クラスター、アプリのすべてのデータベースインサイトにアクセス

    • データベースのセキュリティを損なうことなく、貴重なデータを抽出

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $105)

    機能

    • 詳細な実行計画

    • すぐに使える低速クエリの検出

    • ホストあたり200件の正規化されたクエリをサポート

    • すべてのクエリデータから自動的にPIIを難読化

    • コードインストルメンテーションが不要

    • 無制限のユーザーアカウント

    • タグベースのクエリフィルタリングとグループ化

    • 何百もの関連するデータベースメトリクスへアクセス

    • Postgres、MySQL、SQL Server、Oracleデータベースを、セルフホスト、マネージドを問わず、トータルに可視化

    • アクティブな接続と詳細な待機イベント分析を備えた、すぐに使えるデータベースリスト

    他のプランと組み合わせた場合


    • トリガーで異常なクエリの傾向をチームに警告

    • ダッシュボードでインサイトを可視化し、主要な関係者と簡単に共有

    • ダッシュボード、モニター、SLO、高度な計算式や関数をすぐに利用可能

    サービスとサポート


    よくあるご質問


    データベースのホストはどのように定義されますか。
    データベース ホストは、Datadog で監視しているデータベースを稼働している物理的または仮想的なサーバーインスタンスのことです。
    どのデータベースがサポートされていますか。
    データベースモニタリング(DBM)はベンダーを問いません。現時点では、Postgres (9.6+), MySQL (5.6+), SQL Server (2012, 2014, 2016, 2017, 2019), Oracle (11g, 12c, 18c, 19c, 21c) のデータベースを、オンプレミス、セルフマネージド、クラウドホストを問わずサポートしています。将来的には、さらに多くのデータベースをサポートする予定です。
    データベース・モニタリング(DBM)をスタンドアロンで購入できますか?
    いいえ、データベース・モニタリングを購入するには、既存のインフラストラクチャ・モニタリングのお客様である必要があります。
    インフラストラクチャー・モニタリングを利用しています。データベースホストの一部にDBMを購入できますか?
    はい、データベースモニタリング(DBM)は、お客様のデータベースホストの1つ、いくつか、またはすべてに対して購入することができます。
    クエリの実行計画とは何ですか、またどう有用なのですか?
    クエリのエクスプレインプランおよびクエリ実行計画は、データにアクセスするための手順を記述し、ホットスポットを見つけることができます。DBMでは、すべてのクエリの実行計画を自動的に取得し、重要な局面でサンプルを利用できるようにしています。
    DBMデータの保存期間はどのくらいですか?
    – クエリ メトリクスは3ヶ月間保持されます。
    – 実行計画とクエリサンプルは15日間保存されます。
    DBMはどのように動作しますか?
    DBMは、Datadog Agentを使用してデータベースからデータを取得します。詳しくは ドキュメント を参照してください。
    DBMは、追加のエージェントを使用する必要がありますか?
    いいえ、インフラストラクチャ・モニタリングのお客様で、標準のDatadogエージェントがすでに設定されていれば、データベース モニタリングを使用することができます。詳しくは、ドキュメント ページをご覧ください。
    正規化されたクエリとは何ですか?
    異なるパラメータを持つ同一のクエリは、パラメータをオブファスケーション(難読化)することでグループ化されます。これらのクエリ グループは正規化されたクエリと呼ばれ、クエリ ダイジェストと呼ばれることもあります。Datadogは、データベースホストあたり200個の正規化されたクエリをサポートしています。エージェントレベルでパラメータを難読化することで、機密データが転送されないようにすることもできます。
    正規化されたクエリが200個を超えた場合でもDBMを使用できますか?
    1ホストあたり200件の正規化されたクエリが含まれています。つまり、2台のホストを使用している場合、ホストごとの正確な内訳にかかわらず、合計で200 + 200 = 400のクエリが制限されています。お客様のご要望に応じて、追加料金をお支払いいただくことで、この制限を超える正規化されたクエリの追加に対応することができます。
    他の請求オプションはありますか?
    年間プラン、月額プランをご用意しております。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることができます。請求についての詳しい説明は、 請求に関するよくあるご質問をご覧ください。

    Workflow Automation

    モニタリングからアクション実行までのプロセスを自動化

    最小価格

    $ 12.50
    ワークフロー実行100件あたり、
    月額*

    • 観測データから直接、自動化されたワークフローを構築しおよびトリガー

    • DevOps とセキュリティのユースケースを網羅した 40 以上の事前構築済みブループリントですぐに業務を開始

    • ユーザーとやり取りしながら自動化を継続的に制御

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $17.50)


    ボリュームディスカウントあり

    お問い合わせ

    機能

    • モニターやセキュリティシグナル、ダッシュボードからワークフローを自動的にトリガー

    • 300 以上のすぐに使えるアクションを備えた使いやすいワークフロービルダー

    • セキュリティ、DevOps、インシデント管理などの重要なプロセスをカバーする 40 以上の事前構築済みブループリント

    • 論理演算子、分岐、条件、反復などを使用した複数ステップの自動化により、複雑なワークフローを構築およびカスタマイズ

    • アラートとセキュリティシグナルからのコンテキストでワークフローをリッチ化

    • インタラクティブなワークフローでユーザーとのやり取りを活発化

    • ワークフローのきめ細かな役割ベースのアクセス制御 (RBAC)

    • 詳細なワークフロー監査で実行を追跡

    よくあるご質問


    実行はどのように定義されていますか。
    実行とは、ワークフロー内の一連のステップの開始を指します。例えば、ワークフローが 5 回トリガーされた場合、5 回の実行が記録されます。
    Workflow Automation を使用するために、他の Datadog 製品を購入する必要がありますか。
    包括的な可視化を実現するために、Datadogではすべてのモニタリングとセキュリティのアラートとインサイトを 1 つの場所に集約することを推奨しています。Workflow Automation は、他の Datadog 製品を購入することなく使用することができます。Workflow コンソールから直接手動でワークフローをトリガーすることも、スケジュールを設定して自動的に実行することもできます。
    インフラストラクチャーモニタリングを利用しています。自分のプランに Workflow Automation を追加できますか?
    既存のプランに Workflow Automation を追加することができます。ホストごとの課金に影響はなく、ワークフローの実行ごとに課金されます。詳細については、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。
    ワークフローの実行制限とは何ですか。
    • ワークフローの最大実行時間: 24時間
    • ワークフローの最大ステップ数: 100
    他の請求オプションはありますか。
    お客様のニーズに合わせて請求プランのカスタマイズが可能です。課金の詳細については、カスタマーサクセスマネージャーまでお問い合わせください。

    サーバーレスモニタリング

    サーバーレスアプリのパフォーマンス問題の検出と解決

    Serverless Workload Monitoring


    最小価格

    $ 6.25
    アクティブ* な関数ごと、
    1 か月**

    サーバーレスアプリの一元的なモニタリング

    • サーバーレスのリアルタイムなメトリクスで問題を検出

    • コールドスタートまたはコールドスタート持続時間の増加を確認

    • カスタムサーバーレスタグを使った関数の検索

    • 最近のデプロイメントとメトリクスの関連づけ

    *呼び出される関数の 1 時間あたりの平均数
    **年払いの場合 (オンデマンドの場合は $9)

    Container Apps Monitoring


    最小価格

    $ 3.75
    アクティブ*アプリケーション インスタンスごと、
    1 か月**

    コンテナ化されたサーバーレスアプリの監視

    • OOTBでのリアルタイム検出およびカスタムメトリクス

    • コールドスタートやシャットダウンの増加を特定

    • カスタムタグでサービスを検索

    • サーバーレスリソースからの監査ログとメトリクスを相関

    • 個々のリクエストのボトルネックやエラーの検出

    • 関数、API、キューを一度にトレース

    • リクエストとレスポンスのペイロードによるトレースの充実

    • すぐに使えるサービスマップによるリクエストの可視化

    *アプリ インスタンスの時間当たりの平均数
    **年払いの場合 (オンデマンドの場合は $5.40)

    Cloud Run Monitoring


    最小価格

    $ 3.75
    アクティブ*アプリケーション インスタンスごと、
    1 か月**

    コンテナ化されたアプリの集中モニタリング

    • OOTBでのリアルタイム検出およびカスタムメトリクス

    • コールドスタートやシャットダウンの増加を特定

    • カスタムタグでサービスを検索

    • サーバーレスリソースからの監査ログとメトリクスを相関

    • 個々のリクエストのボトルネックやエラーの検出

    • 関数、API、キューを一度にトレース

    • リクエストとレスポンスのペイロードによるトレースの充実

    • すぐに使えるサービスマップによるリクエストの可視化

    *アプリ インスタンスの時間当たりの平均数
    **年払いの場合 (オンデマンドの場合は $5.40)

    サーバーレスAPM


    最小価格

    $ 12.50
    トレースされた呼び出し回数100万回あたり*、
    1 か月**

    アクティブな関数をより深く可視化

    • 個々の呼び出しのボトルネックやエラーの発見

    • 関数、API、キューを一度にトレース

    • リクエストとレスポンスのペイロードによるトレースの充実

    • すぐに使えるサービスマップによるリクエストの可視化

    *アクティブ関数によってトリガーされる
    **年払いの場合 (オンデマンドの場合は $18.75)

    サーバーレスアプリケーションのセキュリティ


    最小価格

    $ 12.50
    トレースされた呼び出し回数100万回あたり*、
    1 か月**

    包括的な脅威検知

    • 攻撃者をリアルタイムで検知

    • 分散トレースとランタイムコンテキストによる攻撃の調査

    • ビジネスロジック攻撃を検出するためのカスタム検出ルールの構築

    • 既存のセキュリティスタックと統合し、攻撃に対応

    *アクティブ関数によってトリガーされる
    **年払いの場合 (オンデマンドの場合は $18.75)

    機能

    • AWS CDK、Serverless Framework、SAM、Terraformなどとのインテグレーション。

    • API Gateway、Step Functions、SQS、DynamoDBなどに対するすぐに使えるヘルスダッシュボード

    • Watchdog Insightsで関数のメモリー使用とコールドスタートの最適化

    • メモリとコールドスタートの最適化

    • 主要なLambdaランタイムのLambda関数で利用可能

    • 各サーバーレス呼び出しのリクエストとレスポンスのペイロードを解析

    • 各リリースのパフォーマンスメトリクスとバージョン比較、デプロイメントトラッキング

    • 自動APMトレースマップにより、リクエストと攻撃のエンド・ツー・エンドのトレースを可視化

    • 失敗した関数からGitHubの関連するコミットへのピボット

    • リアルタイムで攻撃を検出する140以上のルール

    • アプリサービス、関数、コンテナアプリ、CosmosDBなどのすぐに使える健全性ダッシュボード

    • Watchdog Insightsによりメモリー使用、コールドスタート、シャットダウンを最適化

    • 主要なランタイムのコンテナアプリで利用可能

    • 各リリースのパフォーマンスメトリクスとバージョン比較、デプロイメントトラッキング

    • 自動APMトレースマップにより、各リクエストのエンド・ツー・エンドのトレースを可視化

    • 失敗した関数からGitHubの関連するコミットへのピボット

    • Cloud Run、Pubsub、Bigtable、データストアなど、すぐに使える健全性ダッシュボード

    • Watchdog Insightsにより、サービスのメモリー使用、コールドスタート、シャットダウンを最適化。

    • すべての主要なランタイムでCloud Runを利用可能

    • 各リリースのパフォーマンスメトリクスとバージョン比較、デプロイメントトラッキング

    • 自動APMトレースマップにより、各リクエストのエンド・ツー・エンドのトレースを可視化

    • 失敗した関数からGitHubの関連するコミットへのピボット

    サーバーレス関数の料金例

    時間 1時間 2時間 3
    関数 A呼び出し 10 回呼び出し 0 回呼び出し 100 万回
    関数 B呼び出し 1 回呼び出し 500 万回呼び出し 100 万回
    関数 C呼び出し 0 回呼び出し 0 回呼び出し 1 回
    時間あたりのアクティブな関数合計アクティブな関数 2 件
    (関数 A、B)
    アクティブな関数 1 件
    (関数 B)
    アクティブな関数 3 件
    (関数 A、B、C)
    2 + 1 + 3
    3*
    = この期間にアクティブな関数平均 2 件
    = アクティブな関数の平均数 2 件 × 5 ドル = 10ドル

    *通常の月の分母は、その月の時間数です。例えば、30 日 の月であれば 720 時間となります。

    サポートプラン


    基本プランからオーダーメイドまで、Datadogはあらゆる組織に対して適切なレベルのサポートを提供します。

    サポートプランの詳細はこちら

    よくあるご質問

    アクティブ関数はどのように定義されますか。
    Datadog は、お客様のアカウントの月間の1時間あたりの平均関数数に基づいて請求します。Datadog は、毎時間、1 回以上実行され、Datadog アカウントでモニタリングされた関数の数を記録します。月末になると、Datadog は記録された関数の時間当たりの数の平均を計算して課金します。例えば、1ヶ月に1回だけ関数を起動した場合、請求は1関数/720時間 * $5となります。
    トレースされた呼び出しはどのように定義されますか?
    Datadogは、ある月にインジェストされたAPMトレースに接続されたAWS Lambdaの呼び出しの合計に基づいて請求します。また、月末にバンドル数量を超えてDatadog APMサービスに送信されたインデックス付きスパンの合計数についても請求されます。
    トレースされる呼び出し回数を制御できますか?
    はい、Datadogでは、APMデータを生成するLambda関数の呼び出しの割合を制御できます。
    Serverless APMは、Serverless Workload Monitoringなしの単体で購入できますか?
    いいえ、Serverless APMは、Serverless Workload Monitoringを介してDatadogにメトリクスを送信するサーバーレス関数のオプションのアドオンです。
    Serverless Workload Monitoringには何をサポートしますか?
    スパンの取り込み: 1Mのトレースされた呼び出しごとに50GB Ingested Spans ;  超過後は $0.10/GB. スパンの保持: 1Mのトレースされた呼び出しにつき30万Indexed Spans ; 超過後は、15 日間の保持期間で 100万スパンあたり $1.70 (年払い、オンデマンド払いだと $2.55 ). 追加の保存期間については APM のよくある質問  をご覧ください。
    どの AWS Lambda ランタイムがサポートされていますか。
    Python、Node.js、Go、Ruby、Java、 .NET をサポートしています。
    Lambda 関数と並行して利用している他のAWSサービスをモニタリングできますか。
    Datadog の AWS インテグレーションで 簡単にセットアップして、メトリクスなどを即座に取り込めます。85以上の AWS サービス、たとえば Amazon API Gateway、 Amazon DynamoDB、 AWS AppSync、 Amazon SQS、 Amazon Kinesis、 AWS Step Functionsなどに対応します。
    AWS Lambda にはどのようなセキュリティ機能がありますか。
    Datadog を使用すると、AWS Lambda 上で実行されているアプリケーション上の意味のある脅威を検出し、ワークフローの自動化を使用して AWS Web Application Firewall (WAF) で攻撃をブロックすることができます。アプリケーションのセキュリティの詳細については、当社のドキュメントをご覧ください。
    アクティブなアプリケーション・インスタンスはどのように定義されますか?
    Azure Container Apps のアクティブインスタンスは、各 5 分間内にモニタリングされたユニークなアクティブ Container App Replicas の数に基づいて測定されます。月平均を計算するには、その月のすべての 5 分間の平均数を取ります。
    トレースされたリクエストはどのように定義されますか?
    Datadog は、ある月にインジェストされた APM トレースに接続された Container App Requests の合計に基づいて請求します。また、Datadog APM サービスに送信されたインデックス付きスパンの総数が、月末のバンドル量を超えた場合にも請求されます。
    Serverless APMに含まれるものは何ですか?
    スパンの取り込み: 1Mのトレースされた呼び出しごとに50GB Ingested Spans ;  超過後は $0.10/GB. スパンの保持: 1Mのトレースされた呼び出しにつき30万Indexed Spans ; 超過後は、15 日間の保持期間で 100万スパンあたり $1.70 (年払い、オンデマンド払いだと $2.55 ). 追加の保存期間については APM のよくある質問  をご覧ください。
    Serverless Workload Monitoringには何をサポートしますか?
    各アクティブ・アプリケーション・インスタンスには、5 つのインジェスト・カスタム・メトリクスと 5 つのインデックス付きカスタム・メトリクスの割り当てがあります。
    トレースされるリクエストの数を制御できますか?
    はい、アプリは、インスツルメントを選択し、トレースを有効にした場合にのみ、Serverless APMの使用量が発生します。また、トレースの設定により、APMデータを生成するContainer Appリクエストの割合を制御することも可能です。
    Serverless APMは、Serverless Workload Monitoringなしの単体で購入できますか?
    いいえ、Serverless APMは、Serverless Workload Monitoringを介してDatadogにメトリクスを送信するサーバーレス関数のオプションのアドオンです。
    Azure App Servicesの価格体系はどうなっていますか?
    Azure App Service Planインスタンスは、Datadogの課金対象として従量課金され、ホストとして扱われます。それぞれの価格については、 インフラストラクチャー監視Application Performance Monitoring を参照してください。特定の App Service Plan インスタンスで実行されている個々の Web Apps および Function Apps に対する追加のモニタリングコストはなく、それらが送信するリクエストと実行のトレースに対する追加の Serverless APM コストはありません。
    アクティブなアプリケーション・インスタンスはどのように定義されますか?
    Cloud Runのアクティブ・インスタンスは、各5分間にモニタリングされたユニークなアクティブCloud Runインスタンス数に基づいて測定されます。月平均を計算するために、その月のすべての5分間にわたる平均数を取ります。
    トレースされたリクエストはどのように定義されますか?
    Datadog は、ある月にインジェストされた APM トレースに接続された Cloud Run リクエストの合計に基づいて請求します。また、Datadog APM サービスに提出されたインデックス化されたスパンの総数が、月末にバンドルされた数量を超えた場合にも請求されます。
    トレースされるリクエストの数を制御できますか?
    はい、アプリをインストルメント化し、トレースを有効にすることを選択した場合のみ、Serverless APMの使用量が発生します。また、APMデータを生成するCloud Runリクエストの割合は、トレース設定を行うことで制御可能です。
    Serverless Workload Monitoringには何をサポートしますか?
    各アクティブ・アプリケーション・インスタンスには、5 つのインジェスト・カスタム・メトリクスと 5 つのインデックス付きカスタム・メトリクスの割り当てがあります。
    Serverless APMに含まれるものは何ですか?
    スパンの取り込み: 1Mのトレースされた呼び出しごとに50GB Ingested Spans ;  超過後は $0.10/GB. スパンの保持: 1Mのトレースされた呼び出しにつき30万Indexed Spans ; 超過後は、15 日間の保持期間で 100万スパンあたり $1.70 (年払い、オンデマンド払いだと $2.55 ). 追加の保存期間については APM のよくある質問  をご覧ください。
    Serverless APMは、Serverless Workload Monitoringなしの単体で購入できますか?
    いいえ、Serverless APMは、Serverless Workload Monitoringを介してDatadogにメトリクスを送信するサーバーレス関数のオプションのアドオンです。

    App Builder

    Custom apps that integrate in your monitoring stack to accelerate remediation tasks and reduce errors

    Get in touch

    Custom Quote


    • Build apps using a low code drag-and-drop interface with blueprints and over 550+ out-of-the box actions to handle complex tasks and take action without having to leave Datadog

    request a quote

    ボリュームディスカウントあり

    お問い合わせ

    機能

    • Quickly build production ready internal ops tools without front end code knowledge

    • Drag and drop 14+ UI components and customize your logic using custom JavaScript code.

    • Integrate with a catalog of 550+ out-of-the-box action integration. Maintain the flexibility to interact with any rest API using HTTP requests. Ability to communicate with both cloud and on-prem resources

    • Get value instantly with a library of pre-configured blueprints solving common use cases in DevOps, security, software delivery, project management and more

    • Consolidate all your company’s monitoring data, tool development, and observability response in one place

    • Empower teams with self-serve apps so they can proactively take action before issues arise

    • Save time with minimized context switching by troubleshooting all within the same interface

    • Embed apps into your existing monitoring stack as widgets to Datadog Dashboards

    • Configure viewing and editing permissions of apps with granular role-based access control (RBAC)

    • Gain visibility into every app with audit logging and usage tracking

    よくあるご質問


    Can I use the product before I commit to it?
    Yes, App Builder is already available in your account and it is free to start using. We will reach out to you about pricing once your apps start having a meaningful amount of query executions.
    How is a query execution defined?
    A query refers to a single action from the Action Catalog being triggered from a user of a published app.
    Why is pricing custom?
    App Builder is a new product so we want to make sure the billing plans meet your needs which is why we are offering custom pricing only at this time. For a detailed explanation of billing, please reach out to your Customer Success Manager.
    Do I need to purchase other Datadog products to use App Builder?
    No, you can use App Builder without purchasing any other Datadog products. Having all your monitoring and security alerts and insights in one place is something we encourage for comprehensive visibility.
    I am an existing Infrastructure Monitoring customer. Can I add App Builder to my plan?
    Yes, you can add App Builder to your existing plan and it will show up on your plan as a different SKU. Reach out to your Customer Success Manager for further details.

    クラウドコストマネジメント

    クラウドコストをコントロールする

    最小価格

    $ 9.38
    ホスト 1 台あたり、
    月額*

    • 個々のリソースに至るまで、粒度の細かいレベルでコストを分解し、割り当てる

    • トップコストの変化を素早く把握し、アクションを起こす

    • エンジニアリングチームがアプリケーションのダッシュボードにコストを含めることができるようにする

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $13.50)

    機能

    他のプランと組み合わせた場合


    • サービスカタログにシームレスにピボットして、サービスのパフォーマンスを把握する

    • コストデータと観測可能性データを一元化し、コストドライバーを把握する

    サービスとサポート


    よくあるご質問


    CCM によるホストの定義や請求はどうなっていますか?
    ホストとは、AWS のコストおよび使用量レポートや Azure クラウドの請求書に表示される EC2 インスタンスや VM を指します。計測には、月全体の時間平均を使用します。
    クラウドコストマネジメントを利用するために、他の Datadog 製品を購入する必要はありますか?
    インフラストラクチャー、トレース、コストなどのデータを 1 か所にまとめておくことは、包括的な可視化と文脈の把握のために、私たちが推奨することです。ただし、クラウドコストマネジメントは、他の Datadog 製品を購入することなく使用することができます。
    他の請求オプションはありますか?
    年間プラン、月間プラン、時間単位プランをご用意しています。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることができます。請求に関する詳しい説明は、請求に関する FAQ をご覧ください。
    どのクラウドサービスプロバイダーで利用できるのですか?
    クラウドコストマネジメントは、AWS アカウントと Azure サブスクリプションで利用可能で、Google Cloud にも近日中に対応する予定です。
    全リージョンで使用可能ですか?
    はい。クラウドコストマネジメントは、EU および US でホストされているすべてのアカウントで利用できます。
    パートナー向けの特別な提供はありますか?
    私たちは、テクノロジーやサービスプロバイダー、再販業者との提携を常に求めています。詳しくはパートナーのページをご覧ください。

    Continuous Testing

    高速でコードレス、信頼性の高いテストにより、安心して機能を出荷できるようになります

    API テスト


    最小価格

    $ 6.25
    1 万回のテスト実行あたり、

    API エンドポイントやワークフローをテストする

    • シングルステップまたはマルチステップの API テストを簡単に構成し、実行する

    • グローバルに管理されたロケーション

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $9)

    ブラウザテスト


    最小価格

    $ 15
    1,000 回のテスト実行あたり、
    月額*

    最高のエンドユーザーエクスペリエンスを提供する

    • コードなしでテストを記録する

    • インテリジェントな自己修復テスト

    • ステップバイステップのスクリーンショットとエラーレポート

    • グローバルに管理されたロケーション

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $22.50)

    モバイルアプリテスト


    最小価格

    $ 62.5
    100 回のテスト実行あたり、
    月あたり*

    主要なビジネスフローを実際のデバイスを使用してプロアクティブに監視

    • コードなしでテストを記録

    • 実際の Android および iOS デバイスでテストを実行

    • インテリジェントな自己メンテナンスタスク

    • ステップごとにスクリーンショットとフロントエンドのエラーを表示

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $90)

    並列テスト (アドオン)


    最小価格

    $ 98.75
    追加並列化あたり、
    月額*

    テスト実行のスピードアップ

    • テスト環境全体で同時に (つまり並列に) テストを実行し、リリースサイクルを迅速化し、テスト期間を短縮する

    • Synthetic Monitoring & Continuous Testing Explorer でパイプライン全体のテストを分析し、テスト期間、コミット作成者、パイプラインなどに関するファセットを使用して検索する

    *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $142.50)


    ボリュームディスカウントあり

    お問い合わせ

    機能

    他のプランと組み合わせた場合


    • APM インテグレーションによるフルスタックの可視化

    • 関連するメトリクス、トレース、ログにピボットする

    サービスとサポート


    よくあるご質問


    Continuous Testing とは?

    Datadog Continuous Testing は、コードレスなテスト設定、自己修復機能、CI プロバイダー (GitHub Actions、Azure DevOps、CircleCI、GitLab、Jenkins) とのシームレスなインテグレーションおよびコラボレーションツールによるインテグレーションおよびエンドツーエンドテストを提供し、高品質の機能をユーザーに迅速に出荷できるよう支援する開発サイクルにおける総合ツールキットです。

    今日から CI/CD パイプラインでテストを実行することは、API とブラウザテストのテスト実行に含まれ、テストは順次 (次々と) 実行されます。CI/CD パイプラインでのテストの速度を上げたい場合は、いくつかのテストを同時に実行させる並列テストの速度 (並列化) を追加購入することができます。

    例えば、1 つの並列テストを追加した場合、並列スロットが 1 つ追加され、2 つのテストを並行して実行することができ、2 つの並列テストを追加した場合、並列スロットが 2 つ追加され、3 つのテストを並行して実行できる、といった具合です。これにより、より多くのテストを並行して (同時に) 実行し、テストスイート全体の実行速度を低下させることができます。

    追加した並列化によって、テストの実行回数が制限されるのでしょうか?

    いいえ。並列テストでは、CI/CD パイプラインで必要な数のテストをいくつでも実行することができます。並列化によって、より多くのテストを同時に実行できるようになり、最終的に CI/CD パイプラインのテスト時間を短縮することができます。

    例えば、CI パイプラインで 100 のテストを実行する場合、各テストの実行に 10 秒かかるとします。

    • 並列化を行わない場合、テストは順次実行され、パイプラインの完了には約 17 分かかります。
    • 並列化を行った場合、例えば 4 つの並列テストを追加購入すると、100 のテストは合計 5 つの並列スロットで実行され、パイプラインの完了は約 3 分で済むようになります。

    注: どちらの場合も、100 回のテスト実行は、API またはブラウザテストのテスト実行割り当てに含まれます。

    本番環境の監視に使っている Synthetic テストは再利用できますか?
    はい。並列テストでは、本番環境監視用に構成した Synthetic テストを、ステージング環境、QA 環境、本番前の環境のすべてで使用することができます。変数のオーバーライドとカスタム構成値によって、ソフトウェア開発のライフサイクル全体を通して、1 つのテストから利益を得ることができます。
    並列テストとは?

    並列テストとは、継続的インテグレーションとデリバリーのパイプラインで同時に実行されるテストのことで、次のようなことが可能になります。

    • パイプラインの期間を短縮し、新機能をより速く出荷する
    • 開発の信頼性を高め、納品までの時間を短縮する
    • 完全なテストカバレッジを実現し、コードベースに到達する生産性を低下させるバグの量を減らす

    例えば、60 個のテストを実行する必要があり、各テストの実行に 1 分かかるとすると、これらのテストを順次実行するには 1 時間かかることになります。しかし、並列テストの並列化値を 60 に設定すると、すべてのテストを同時に 1 分以内に実行することができ、59 分の時間を節約して他のビジネスクリティカルなタスクに取り組むことができます。これが並列テストの威力です。

    Datadog APM も使用している場合、テストの完全なトレースを見ることができますか?
    はい。APM でサービスをインスツルメンテーションすれば、フロントエンドのユーザー体験からバックエンドのトレースまで、アプリケーションとサービスを 360 度完全に可視化することができるようになります。詳しくはこちらをご覧ください。
    ブラウザテストの実行には何が含まれますか?
    Web トランザクションの各シミュレーション (最大 25 ステップ) は、1 つのブラウザテスト実行としてカウントされます。50 ステップを含む 1 つのテストは、各実行で 2 回のテスト実行とカウントされます。例えば、60 ステップのテスト (3 回のテスト実行) を 15 分ごとに 5 つの異なる場所と 2 つの異なるデバイスから実行すると、1 時間で 120 回のテスト実行に相当します。
    サブテストはどのように請求にカウントされるのですか?
    サブテストは、ブラウザテスト内の一連のステップに過ぎません。従って、サブテストはブラウザテスト全体の実行の一部としてカウントされます。例えば、3 つのサブテストからなるブラウザテストを設定し、各サブテストが 5 つのステップを持つ場合、合計 15 ステップ、つまり 1 回のブラウザテストを実行することになります。

    Observability Pipelines

    観測可能性データをペタバイトスケールで収集、変換、あらゆる宛先にルーティング

    取り込みあたり


    最小価格

    $ 0.12
    取り込み GB あたり
    月あたり* **

    50TB/月以下の小容量に推奨

      *取り込んだ非圧縮データの GB ごとに請求
      **年払いの場合 (オンデマンドの場合は $0.15)

      CPU あたり


      最小価格

      $ 1875
      CPU あたり
      月あたり* **

      50TB/月以上のボリュームを持つ組織に推奨**

        *Observability Pipelines Worker に割り当てられた CPU ごとに年間請求
        **予測可能な価格設定であり、ボリュームの急増や変化を考慮


        ボリュームディスカウントあり

        お問い合わせ

        機能

        • あらゆるソースからデータを収集

        • あらゆる宛先にデータをルーティング

        • ログのリッチ化、構造化、変換

        • データが環境を離れる前に意思決定

        • 大規模環境のすべてのテレメトリーパイプラインの健全性を監視

        • 観測可能性データの量を減らしてコストを管理

        • 不要なフィールドをドロップしてイベントのサイズを縮小

        • データをあらゆる形状と形式に変換

        • カスタムルールで機密データを削除

        • 1 日あたりペタバイトのデータ量まで簡単に拡張可能

        • 一般的なソースや宛先との 90 以上のインテグレーション

        • インフラストラクチャーで実行中のパイプラインへの変更をリモートでデプロイ

        • GeoIP またはルックアップテーブルでデータをリッチ化

        • すべてのパイプラインでボトルネックを特定し、データ配信を検証

        • すべてのサービスでデータを標準化

        サービスとサポート


        • テクニカルサポート (チャットとメール)

        • コミュニティフォーラム、堅牢なオープンソースコミュニティ、オンラインドキュメント

        よくあるご質問


        Observability Pipelines はどのように機能しますか?
        Observability Pipelines は、コストを管理し、ロックインを減らし、セキュリティを強化し、データを標準化するために、独自の環境でログを収集、変換、ルーティングする自由を提供します。その仕組みについては、ドキュメントをご覧ください。
        Observability Pipelines はどこで利用できますか?
        Observability Pipelines Worker は、お客様自身のインフラストラクチャーで動作します。簡単な構成と Datadog API キーでインフラストラクチャーのどこにでもインストールできます。これにより、データが環境を離れる前に意思決定を行い、コストをコントロールすることが可能です。セットアッププロセスの詳細については、こちらのドキュメントをご覧ください。
        GB 単位の取り込み価格設定の利点は何ですか?

        50TB/月以下のボリュームの組織に適しています。低容量でも費用対効果が高く、理解しやすく、初期段階で規模を拡大したりランプアップしたりする際に、使用量に応じて料金を支払うことができます。

        ただし、ボリュームの増加に応じて請求額は直線的に増加するため、近い将来観測可能性ボリュームが急増することが予想される場合は、CPU 価格設定がより適しているかもしれません。

        CPU 単位の価格設定の利点は何ですか?
        特に大容量でのスケーリングに適しているため、50TB/月を超えるボリュームの組織に適しています。また、CPU 単位の価格設定は、組織の観測可能性データ量の頻繁な急増や変更が予想される場合に、年間を通じて予測可能な価格設定を提供します。最後に、必要な処理の強度に基づいて計算リソースをスケーリングすることが可能です。
        CPU はいくつ必要ですか?

        Observability Pipelines Worker のサイジングとリソースのプロビジョニングは、パイプラインの構成やワークロードなど、さまざまな要因に依存します。一般的には、30TB/月ごとに 1vCPU のプロビジョニングを推奨しています。

        詳細については、キャパシティプランニングとスケーリングのドキュメントをお読みください。

        予想外に大量のデータを送信した場合はどうなりますか?

        CPU 価格モデルで契約することで、ボリュームの急増を吸収できます。

        取り込み量に応じて料金を支払う場合でも、月間データ量で契約することで、1 日のデータ量に基づくレート制限を受けることはありません。可視性を失うことなく、必要なだけのデータをその日に送信できます。他の日の平均が低ければ、請求に影響はありません。大きな月があっても心配はいりません!完全な可視性を維持し、契約を超えるボリュームに対してのみ超過料金が発生する可能性があります。

        他の請求オプションはありますか?
        年間プランと月間プランをご用意しています。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることも可能です。請求に関する詳しい説明は、請求に関する FAQ をご覧ください。
        パートナー向けの特別サービスはありますか?
        当社は、テクノロジープロバイダーやサービスプロバイダー、再販業者との提携を常に模索しています。詳しくはパートナーネットワークのページをご覧ください。

        Cloud SIEM

        リアルタイムでセキュリティの脅威を検出・調査

        最小価格

        $ 6.25
        Per million events analyzed,
        per month*

        • すぐに使えるカスタム検出ルール

        • 保存期間にかかわらず、取り込んだすべてのデータを対象に脅威を検出

        • セキュリティシグナルの探索と分析

        • セキュリティシグナルを 15 か月間保持

        *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $9.38)

        機能

        • リアルタイムの脅威検知

        • ベンダーサポートのあるインテグレーション

        • 取り込んだすべてのデータを分析

        • 独自のクエリ言語は不要

        • すぐに使えるルールで攻撃や設定ミスを自動的に検出

        • ルールは MITRE ATT&CK® フレームワークにマッピング済み

        • セキュリティ分析とダッシュボード

        • セキュリティシグナルを 15 か月間保持

        • 無制限のユーザーアカウント

        • 数分でのデプロイ

        • 調査中に関連するメトリクス、トレース、ログにシームレスにピボット可能

        他のプランと組み合わせた場合


        • 調査中に関連するメトリクス、トレース、ログにシームレスにピボット可能

        • セキュリティシグナルと詳細な観測データを相関

        サービスとサポート


        • テクニカルサポート(チャット、Eメール)

        • コミュニティフォーラムとオンラインドキュメント

        よくあるご質問


        検出ルールでどのログを分析できますか。
        取り込まれたすべてのログを検出ルールで分析できます。お客様側でインデックスを作成されない場合でも、検出ルールによるログ分析が行われます。
        どのような検出ルールが利用できますか。
        Datadog は継続的に新しい検出ルールをリリースしており、既存のお客様の場合は追加時点で自動的に有効になります。デフォルトで利用可能な脅威検出ルールについては、公開ドキュメントを参照してください。
        検知ルールはどのように分類されていますか。
        潜在的な攻撃手法を検出するルールは、MITRE ATT&CK® フレームワークにマッピングされています。潜在的な設定ミスを検出するルールは、関連するコンプライアンスのフレームワークとコントロールに基づいています。
        ユーザー独自の脅威検出ルールを作成することができますか。
        はい、Cloud SIEM にはルールエディタが含まれており、ユーザーはデフォルトの検出ルールを編集や、独自のルールを作成することができます。エディタを使用するために、ユーザーが独自のクエリ言語を学ぶ必要はありません。
        脅威検出ルールをカスタマイズする場合に追加費用は発生しますか。
        いいえ、Cloud SIEM は、デフォルトの検出ルールとユーザー定義の検出ルールの両方で、取り込まれたログの分析を行うことができます。
        検出ルールで生成されたセキュリティシグナルの保存に追加費用は発生しますか。
        いいえ、Cloud SIEM では 15 か月間にわたってセキュリティシグナルを保存することができます。
        どのような課金オプションがありますか。
        年間プラン、月額プランをご用意しております。お客様のニーズに合わせて請求プランをカスタマイズすることができます。請求についての詳しい説明は、請求に関するよくあるご質問をご覧ください。

        Data Jobs Monitoring

        Observe, troubleshoot, and cost-optimize your Spark and Databricks jobs across data pipelines

        最小価格

        $ 0.0625
        Per host, per hour*

        • Detect problematic Spark and Databricks jobs anywhere in your data pipelines

        • Remediate failed and long-running-jobs faster

        • Optimize overprovisioned compute resources to reduce costs

        *年払いの場合 (オンデマンドの場合は $0.09)

        機能

        • Health & performance overview of jobs and clusters

        • Alerts for failed & long-running jobs

        • Job run performance trends

        • Job execution traces & metrics

        • Resource utilization metrics (e.g., CPU, memory, disk)

        • Estimated costs of jobs & clusters

        • Custom dashboards

        • Unlimited users

        よくあるご質問


        How do I set up Data Jobs Monitoring (DJM)?
        Depending on the platform you use to run Apache Spark, follow the installation instructions for Amazon EMR, Databricks, and/or Kubernetes. Learn more about how DJM works from our documentation.
        What is the default retention for DJM data types?
        15 days for job execution traces and 15 months for metrics.
        How is DJM usage calculated and how is it billed?

        Datadog DJM is billed per host, per hour. This uses an average host count per hour, by sampling the number of unique hosts instrumented every five minutes and taking an average of those samples.

        Example: Suppose we observe:
        1:00-1:05 pm: 100 unique DJM hosts
        1:05-1:10 pm: 300 unique DJM hosts
        1:10-1:15 pm: 150 unique DJM hosts
        1:15-1:20 pm: 50 unique DJM hosts
        1:20-2:00 pm (last 8 intervals): 0 unique DJM hosts

        The sum of unique host counts in each five-minute interval for the hour is 100 + 300 + 150 + 50 = 600. Since there are 12 five-minute intervals in one hour, we would then divide this sum by 12 to get the average, leading to 600 / 12 = 50.

        Assume we see this usage pattern once a day for 30 days. This would result in a monthly total of 50 x 30 = 1,500 billable DJM host hours.

        Does using DJM generate usage of other Datadog products?
        DJM job execution traces generate Span Ingestion and Span Indexing usage, which may lead to additional charges beyond the allotted 0.205 GB Ingested Spans & 1,370 Indexed Spans per DJM host, per hour. Enabling Spark log collection (optional) when using DJM is billed via Datadog Log Management.
        Do hosts with DJM also count as Infrastructure hosts?
        No, hosts where DJM is enabled are not billed as Infrastructure hosts.
        Is this available in all regions?
        DJM is available in our AP, EU, and US data centers. It is currently not available in GovCloud (US).

        Error Tracking

        Group and triage error events across web, mobile, and backend applications

        最小価格

        $ 0.31
        Per 1k error events, per month*

        • Automatically group similar errors into issues representing bugs

        • Prioritize the most important issues based on count, recency, or impact

        • Resolve errors faster with custom monitors and one-click pivot into Git and IDEs

        • Investigate anomalistic tags surfaced by Watchdog Insights

        *Error Tracking is included for APM traces and RUM events at no additional cost.
        **年払いの場合 (オンデマンドの場合は $0.45)

        機能

        • Prioritized list of all errors, automatically grouped into issues

        • Custom alerts on new issues

        • Default and custom tags for simple search and analytics

        • Watchdog Insights: Anomalistic tags associated with specific issues

        • Error distribution over time or by environment, version, URL, and other tags

        • Source code and IDE integrations

        • Ability to mute noisy issues or mark others as open, ignored, or resolved

        • Error triaging in Datadog Case Management and Incident Management

        他のプランと組み合わせた場合


        • Full-stack visibility

        • Seamless correlation with related sessions in RUM and distributed traces in APM

        サービスとサポート


        • Technical support (chat and email)

        • Community forum and online docs

        よくあるご質問


        How does Datadog Error Tracking work?
        Error Tracking automatically groups uncaught exceptions found in certain error events (from APM traces, RUM events, and logs) across frontend and backend applications into issues with rich debug context.
        How is Error Tracking billed?

        Only your volume of indexed error logs with certain attributes (e.g., stack traces) are billed for Error Tracking. To learn more about Error Tracking attributes see our docs.

        Note: For indexed logs, see Log Management pricing here.

        Which programming languages does Error Tracking support?
        Browser Errors support JavaScript and TypeScript. Mobile Errors support Native iOS, Native Android, and React Native. Backend Errors support Java, NodeJS, .NET, Python, Ruby, Go, PHP, and C++.
        I’m an existing Datadog APM and/or Real User Monitoring (RUM) customer. Do I need to pay for Error Tracking?
        No. Error Tracking is included for APM traces and RUM events at no additional cost. Error Tracking for Logs requires the Log Management product with indexing.
        Can I filter logs eligible for Error Tracking?
        Yes. You can use Error Tracking Rules to include and exclude certain error logs that are ingested and billed by Error Tracking. We also offer rate limiting capabilities to safeguard against unexpected costs by allowing you to set a budget, ensuring your bill remains predictable and under control. You can also view a rolling 24-hour volume estimate in-app.
        Is this available in all regions?
        Yes. Error Tracking is available in all EU- and US-hosted accounts.
        How can I start using Error Tracking?
        Visit the Error Tracking documentation and get started with formatting your backend or browser and mobile application logs for Error Tracking. Error Tracking can be enabled in-app.