Dash 2019:Datadog の最新機能の発表について | Datadog
Dash イベントで発表された新しいサーバーレス、ネットワーク、RUM などの機能をぜひご確認ください! Dash イベントで発表された新機能!

Dash 2019:Datadog の最新機能の発表について

Last updated: November 13, 2019

Dash 2019 では、Datadog プラットフォームの多くの新製品と新機能を説明しました。ネットワークパフォーマンスモニタリング、リアルユーザーモニタリング、ブラウザログの収集のサポート、およびサーバーレス環境の一元的な可視化機能が追加されたことで、フロントエンドからバックエンドまで最新のアプリケーションスタックにこれまで以上に広範囲に対応できるようになりました。公開されたこれらの機能の詳細やメトリクス、トレース、ログの監視、総合テストなどの他の多くの機能についてご確認ください。

サーバーレス関数

Datadog のサーバーレスビューでは、AWS Lambda で実行されているコードを完全に可視化できます。Datadog の特長である一元的な画面で、インフラストラクチャー、ログ、トレース、メトリクス、ダッシュボード、アラートのすべてを確認できます。Lambda のコールドスタートや他のメトリクス別の各関数の検索やフィルタリング、サービス別の Lambda 関数のグループ化、サービスマップでの API Gateway、DynamoDB、S3 などの Lambda の依存関係の視覚化、リクエストの発信元と送信先に関係なく、Lambda に関連するリクエストの詳細なトレースを調査する機能などを利用できます。この製品の詳細についてはこちらをご覧いただくか、こちらから使用を開始してください。

Get full visibility into your code running on AWS Lambda

Datadog の SLO と SLI

SLO ウィジェットを使用すると、SLI、SLO、およびパフォーマンスをエラーバジェットに対して簡単に追跡でき、プライベートなダッシュボードに埋め込んだり、公開したりすることができる明瞭で視覚的なインターフェイスを使用できます。Datadog で SLO とSLI を監視する機能を拡張するために、すべての SLO を 1 か所で検索、ソート、フィルタリングできる新しい SLO およびエラーバジェットリストビューも発表されました。ウィジェットの詳細についてはこちらをご覧ください。また、SLO およびエラーバジェットリストビューのベータ版にはこちらからサインアップしてください。

Track SLOs and SLIs with Datadog's new SLO and error budget list view

ブラウザログ

ログを Web ブラウザまたは他の JavaScript クライアントから直接 Datadog に送信して、フルスタックの可視性を得ることができます。クライアントサイドの JavaScript ロギングライブラリである datadog-logs を使用すると、すべての JavaScript エラーを自動的にラップして転送でき、JavaScript コンソールのログとユーザーエージェントを収集、処理、強化できます。JavaScript ログライブラリの詳細についてはこちらをご覧ください。また、こちらから使用を開始してください。

send browser logs directly to Datadog with our JavaScript logging library

ネットワークパフォーマンスモニタリング

Datadog のネットワークパフォーマンスモニタリングを使用すると、クラウドベースまたはハイブリッド環境におけるネットワークトラフィックのフローを視覚化できます。Datadog の任意のタグを使用して非対称の検索と集約が可能となり、たとえば、特定のサービスがアベイラビリティゾーンを横断してトラフィックを送信している場合や、特定のセキュリティグループに向けられたトラフィックの再送信率が高い場合を追跡できます。 Datadog のネットワークパフォーマンスモニタリングは、オンプレミスサーバーおよびすべての主要なクラウドプロバイダと互換性があり、非常に軽量であるため、パフォーマンスを犠牲にすることなくネットワークトラフィックのフローを監視できます。この機能のアナウンスに関するブログはここからご覧いただけます。

Visualize the network traffic of your cloud-based and hybrid environments

モバイルアプリケーション

通話中または外出中に問題を簡単にトリアージできるようにする Datadog のモバイルアプリが利用可能になりました。アラートを受信すると、モバイルデバイスから関連するダッシュボードに直接移動できます。モバイルアプリは現在ベータ版です。こちらからアクセス権限をリクエストできます。

Datadog's mobile app will help you troubleshoot on-the-go

モバイルアプリケーションのリアルユーザーモニタリング

モバイルリアルユーザーモニタリング(RUM)は、モバイルアプリケーションのエンドユーザーエクスペリエンスを可視化します。Datadog では、パフォーマンスの問題をトラブルシューティングするときに、顧客がモバイルアプリケーションの使用状況データを、対応するバックエンドトレース、インフラストラクチャーレベルのメトリクス、およびログと相関できます。詳細については、こちらからサインアップしてください。

リアルユーザーモニタリング

リアルユーザーモニタリングを使用すると、ユーザーに表示されるフロントエンドアプリケーションのパフォーマンスを視覚化して分析できます。フロントエンドからバックエンドまでのレイテンシを追跡することにより、ユーザーエクスペリエンスを改善する方法を把握できるようになります。実際のユーザーデータを高度に視覚化できることから、迅速に実用的な知見を獲得できます。他のすべての Datadog 製品と同様に、リアルユーザーモニタリングデータをアプリケーショントレース、インフラストラクチャーレベルのメトリクス、およびログと相関して、パフォーマンスの問題をすばやくトラブルシューティングできます。ベータ版にはこちらからサインアップしてください。

Get full visibility into frontend application performance

Datadog Synthetics のプライベートロケーション

Datadog Synthetics でプライベートロケーションを利用できるようになったため、社内向けのアプリケーションや、パブリックインターネットからはアクセスできないプライベート URL をプロアクティブに監視できるようになりました。これらのプライベートロケーションは、Datadog がシンセティックロケーションをホストしているかどうかに関係なく、オフィス、コールセンター、倉庫など、最も重要な場所でシンセティックデータセンターを作成するためにも使用できます。セットアップには、インフラストラクチャーへの「シンセティックワーカー」の簡単なインストールが含まれます。ユーザー独自のプライベートロケーションは、Datadog がホストする他のロケーションとともに、Datadog Synthetics の UI に表示され、バックエンドトレース、メトリクス、ログの相関されたコンテキストを追加で使用して、フロントエンドリクエストのフルスタックの可視化を可能にします。こちらからベータ版にサインアップしてください。

Log Rehydration™

Datadog のお客様は、Log Rehydration を使用して、アーカイブされたログをオンデマンドで Datadog にリロードできるようになりました。この新機能により、将来必要になった場合にログデータをすばやくロード、インデックス作成、分析できるようになるため、大部分のログを安心してアーカイブできるようになります。これにより、お客様は、さまざまな監査およびコンプライアンスのために保存する必要があるものの頻繁にアクセスする可能性が低い膨大なログの管理に費やすコストを大幅に削減できます。

reload archived log data with Datadog's log rehydration

Metrics from Logs

Datadog のお客様は、取り込んだすべてのログからカスタムメトリクスを生成できるようになりました。カスタムメトリクスは、大量のデータを生成するソースのログ(Web アクセスログなど)を要約する場合に特に有用です。この新機能により、ユーザーはログを取り込む時にリアルタイムのログストリームからメトリクスを作成および更新できます。個別のログ自体の価値は高くありませんが、ユーザーは、リクエスト数、ユーザー数、平均期間、エラー数を収集するカスタムメトリクスで集約的なビューを構築することで優れた知見を獲得できるようになります。これらのメトリクスは Datadog で保持され、15 か月間完全な粒度で利用できるため、ログのインデックス作成と保持にコストをかけることなく、さまざまな業務および技術的な用途でログを分析できます。

Summarize incoming log data with Datadog's custom metric generator

インフラストラクチャーメトリクスの Watchdog

Watchdog は、APM メトリクスに加えて、インフラストラクチャーとインテグレーションメトリクスの異常を自動的に検出するようになりました。異常は、タグと発生した時間帯に基づいて、関連するストーリーでインテリジェントにグループ化されます。ストーリータイプのいずれかに基づいてアラートを設定できるため、環境内の任意の場所の異常をすばやく検出できます。ベータ版にはこちらのフォームからアクセスできます。

Quickly spot infrastructure and integration metric anomalies with Watchdog

メトリクスの相関

複雑な問題の根本原因を特定し、ダウンストリームへの影響をすばやく把握するために、Datadog はメトリクスを自動相関する機能の提供を開始しました。異常な傾向を示すメトリクスを選択するだけで、Datadog は同様のパターンを示す他のメトリクスを検索します。メトリクス相関機能のベータ版にはこちらからアクセスしてください。

Datadog help you understand and contextualize how metrics relate to each other

Metrics without Limits™

Datadog のお客様は、Metrics without Limits を使用すると、タグを無制限に使用してカスタムメトリクスを送信でき、保管する前にこれらのメトリクスを管理および集約する機能を利用できます。これにより、業務にとって重要なカスタムメトリクスにアクセスでき、Datadog でインデックスを作成するメトリクスをさらに詳細に制御できます。こちらからサインアップして詳細情報をご確認ください。

Tracing without Limits

Tracing without Limits™ を使用すると、すべてのトレースを Datadog に送信でき、可視性やライブクエリ機能を犠牲にすることなく、ライブでクエリを実行して最も重要なトレースを保持できます。従来の APM 製品は、ライフサイクルの開始時にトレースをサンプリングしているため(先行型の意思決定)、トレースデータがトラブルシューティングに最も役立つ場合にも、エラーまたは高レイテンシリクエストの不完全で欠落したトレースしか生成されません。Datadog の Tracing without Limits のアプローチでは、トレースライフサイクルの最後に決定するため(後追い型の意思決定)、エンジニアリングチームは重要なアプリケーションの問題のトラブルシューティングで必要となるすべてのトレースを確保します。さらに、業務の優先度に基づいて保持するトレースを決定できるため、可視性を犠牲にせずにコストを制御できます。Tracing without Limits のベータ版にはこちらからサインアップしてください。

Ensure teams have all the traces they need with Tracing without Limits

Trace Outliers

Trace Outliers を使用すると、単一のトレースをクリックしなくても、上位のエラーを確認できます。ワンクリックで、すべてのリクエストを自動的に分析して、ユーザーエクスペリエンスが低下しているかどうかを顧客に通知したり、エラーやレイテンシと相関するタグに基づいて根本原因を特定したりします。Trace Outliers のベータ版にはこちらからサインアップしてください。

Quickly spot top errors without clicking into a single trace

スケールアップとスピードアップ

Dash 2019 に参加することができなかった方は、基調講演や技術的な講演のビデオをご覧いただけます。Datadog の最新機能の詳細をご確認いただき、Hulu、Starbucks、New York Times などの企業がどのようにスケールアップとスピードアップを図っているのかをご覧ください。これらの Datadogの新機能をアプリケーションとインフラストラクチャの可視性の向上にぜひお役立てください。まだ Datadog を使用されたことのないお客様は、こちらから 14 日間のサインアップできます。